シマノ リール 釣り 釣具2020新モデル

釣りフェスティバル2020その2。各種リール新製品の「ベース機」を聞いてきた

2020新製品は沢山ありますが

「新製品」といっても全てが「1から設計が見直される」というものではなく、「ベース機」となるものが存在するものがあります。

という事でいくつか「ベース機が何だろう」という物があると思うので、聞いてきたものをご紹介です。

 

 

20エクスセンスDC SS

一応「MicroModule」の文字が見えるような写真を掲載しましたが、この「20エクスセンスDC SS」のベース機が何かを聞いてきました。

こちら形状から予想がついていた人も多いと思いますが、

 

クラドDC

 

がベースとなっているという事で確定です。

知らない人向けにお伝えすると、「クラドDC」は海外向けのDC搭載リールですね。

こちらを日本向けにDCをチューニングしたものが今回の「エクスセンスDC SS」というわけです。

 

海外のクラドDCは17エクスセンスDCのように「ナイロン」「フロロ」「PE」というようなモードがあるようなんですが、日本向けは基本的に「PEラインを使う事」を前提としていて(一応フロロモードはあるけど)今回は蓋を開けてモードを変更する事は無く、外部ダイヤルのみで調整となります。

細かいセッティングは出来なくなった代わりにシンプルになったわけですね。

 

20エクスセンスBB

こちらはスピニングですが、通例通りエクスセンスBBもベース機があります。

それは・・・「17アルテグラ」ですね。

 

えー、今更・・という人も居るかもですが、まずこの「20エクスセンスBB」ですが

 

・コアプロテクトからXプロテクトへ変更

・ワンピースベール

・ラピッドファイアドラグ

 

という、17アルテグラの不満を解消しつつシーバス向け機能も搭載し、定価も19,000~20,000円という安価な設定(ここから実売は3割引きくらいになるので、1.5万を切る価格になる)なんで、実はコスパがかなり良好なリールになったわけです。

入門者がステップアップする汎用的なリールとして、かなり使える部類になるのでは、という感じですね。

 

20セフィアSS

こちらも「17アルテグラ」ベースとのことでした。

マグナムライトローター搭載で、ちょっと定価は高くなっています。

 

という3点を聞いてきまして、そういえばダイワブースで「HRF PEスペシャル」について聞いてくるのを忘れたわ、と今思いました。

 

というわけで第二弾はこんな感じで。

 

 

RSSで最新記事を読む

follow us in feedly

-シマノ, リール, 釣り, 釣具2020新モデル

Copyright© webinthelife , 2020 All Rights Reserved.