もうすぐ2020年も終わり・・ということで、売り飛ばしてしまった釣具を振り返る

釣り

2020年もなんやかんやと釣具を買いましたが、手放したものも色々とありまして

2020年も12月に入りまして、、、あと20日ちょっとで終わりという時期になりました。

今年も諸々釣具を購入したんですが、結局使わないとかそういう理由で手放した物もいろいろとありまして、なんとなく手放したものを理由と一緒にご紹介です。

 

その1 まさかのあの大人気リール

さて一発目からまさかのリールです。それは「20ルビアス」

先にレガリスを買ってからノーマルギアのモデルを買うという徹底ぶりで購入したにも関わらず、手放しました。

不満点があったかというと1点だけありまして、巻きが意外と重い事、ですかね。それ以外は別に困ったところも無かったんですが、別にレガリスでいいかなというところと、そもそも19ヴァンキッシュ(ハイギアだけど)も持ってるので手放しました。

 

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥26,887 (2021/10/17 14:28:45時点 Amazon調べ-詳細)

 

ヴァンキッシュが無かったら残してたでしょうね、とは思います。

 

その2 格安だったので買った、ある意味その後の散財に繋がったリール

購入動機は「安くなっていた」「なんとなく前から気になっていた」という理由なんですけど、買ってから「これはアリだ」と思い立ちまして、上位モデルを買った結果不要になって手放したのが「アルファス CT SV SHL」です。

まあこれは・・・スティーズCTを買うことに繋がったので、無駄というよりは用途が被ったので早めに手放したというだけです。

正直このリールは買った価格を考えると、非常に良いリールでした。1万円台後半で買えるなら非常にオススメ。

 

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥32,000 (2021/10/17 14:22:01時点 Amazon調べ-詳細)

 

軽量ルアーの投げやすさから、この後の釣具購入のきっかけになった記念すべきリールでもありますが、惜しくも手放すことに。

 

 

その3 これは思ったのと違ったから、というあのロッド

最近私はエラディケーターを2本買う、というくらいアブガルシアのロッドがマイブームなわけなんですけど、「これはちょっと違うなぁ」と思って手放したものがあります。

ソルティースタイルのスーパーライトショアジギングモデル「SSJC-892L-KR」ですね。

 

 

これは残念ながらティップが軟すぎる、という、思っていたのと違う調子だったので手放す事に。

ただ「掛ける」という意味ではこのくらい軟いほうが良いのかもしれませんが、どうも私は好きになれないという理由でした。

 

 

その4 これは・・・私に学習能力がないとしか言えないあのリール

シーバスやってるとですね、誰しもふと思うのですよ。

 

レバーブレーキリール使いたい と

 

で、使ったは良いが、合わないなぁと思う人も多々いると思うのです。レバー邪魔なんですよ(笑)

ということで・・・結局使う機会があまり無かったので手放したのが「シグナス LBD」ですね。そういう意味では過去にスイッチヒッターLBDも買いましたけどとっくに手放しまして、売ったくせにまたシグナスLBDを買ったという、学習能力がないお話です。

約2万円程度なので中価格帯のリールですが、レバーブレーキにコストを振っているおかげで、供回りハンドルであったり、もろもろチープ感は否めない部分もあり、「レバーブレーキが必要」という釣りじゃなければ同価格帯のカルディアとかルビアスを買ったほうが満足感はあるかと思います。

 

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥20,290 (2021/10/17 15:58:15時点 Amazon調べ-詳細)

 

ただ、魚を掛けてレバーブレーキでやり取りするのはメチャ楽しいです。そういう点ではレバーブレーキに手を出すのも別に私は否定はしません。

 

ということで他にも売り飛ばしかけたものはあるんですが、今のところは踏みとどまってますね。

 

ご利用は計画的に・・・。

 

 

タイトルとURLをコピーしました