ダイワの超軽量リール「セオリー」に追加番手となる「2508PE」が登場。待望のノーマルギア。

ダイワの超軽量リール「セオリー」に追加番手となる「2508PE」が登場。待望のノーマルギア。

 

ダイワの超軽量リール「セオリー」に待望の追加番手となる「2508PE」が9月発売となります。

出典:ダイワ

僕も「2510PE-H」を所有しているのですが、、、とにかく軽くて回転も滑らか。

かなり細いラインを巻いているので、最近ちょっと出番が無かったのですが、今日たまたま仕事終わりでちょっと釣りに行った時「セルテートと間違って持って行ってしまった」という事案が発生して久々に使ったんですが・・・

良いリールです。

セルテートじゃなくても良いのでは・・・という気がするくらい。

ダイワはスプールが高いのがネックですが、デザインが好きなので2500番のリールは全てダイワになってしまってます。

 

セオリーの特徴おさらい

・フラッグシップモデルのイグジストを凌ぐ超軽量 ※一部番手

・マグシールド搭載

・エアローター

・ATD

・ZAIONボディ、ローター搭載

 

というのが主な特徴。マグシールド搭載ですがラインローラーは対象外です。

対象外ですが、別にラインローラーにはマグシールド要らないと思います。

今回リリースされた「2508PE」は1回転72cmのノーマルギアです。

最大ドラグが7kgとなっていて、それなりの大物が掛かっても安心のドラグの強さになってますね。

これまでハイギアのモデルが多く、シーバスのナイトゲームなどで「ノーマルギア」の番手が欲しかった人も多いのではないでしょうか。

ハイギアでゆっくり巻くのもいいんですが、やはりノーマルギアでのデッドスローリトリーブが効くシーンも多く、夜間はハイギアよりノーマルギアを重宝しますね。

 

今日久々にセオリーを使ってみて

とにかく軽く、普段使っている16セルテート2510RPE-Hより、なんと「65g軽い」という大きな違いがあります。

重量があるほうが、「ブレの無いリーリングが可能」「手元に重心が来るのでバランスが良い」というメリットもあるんですが、最近のシーバス釣りで僕は

ミニエント57Sのダート

を多用するんですけど、この時はロッドをシャクる必要があり、メタルジグよりやはりシャクる時の抵抗があるので、手首が疲れてしまいますが、セオリーであればかなり疲労が軽減される気がしました。

リトリーブを多用する場合はセルテートのほうが安定感はあるんですけど、セオリーでも十分に安定感があり、セオリーで必要十分だったりします。

久々に使ったら何か非常に良い感じだったので、しばらくシーバス釣りはセオリーでやろうかなと思っています。

という、さすがにイグジストは高くて買えないダイワ派の人は、セオリーが非常にバランスが良いと思いますので、是非お店で回してみてください。

ヤフオクにスプール無しモデルが出品されたら、買ってしまいそうです・・・。

 

ダイワカテゴリの最新記事