シーバスのショートバイト対策に「ソリッドティップ」という選択に迷う

最近専らシーバスしか狙ってないんですけど、スレてしまったのか「ショートバイト」が非常に多くなっている気がしています。アタリはあるんだけど乗らない・・・という事が毎回起きます。

僕はまずエリテンを投げる

このブログを見ていただいている方は周知の事実ですが、まず信頼を置いているのがエリア10とエリア10 EVOなので、最初にエリア10 EVOを投げます。

大抵これでアタリはあるんですけど、最近乗りにくくなったような気がしています。

今日もちらっと雨が上がったので小一時間ほど行ってきたんですけど、1投目からアタリがあり、期待できるかも!と思ったものの、その後1回アタリがあったのみで、乗りませんでした・・・。

こうなってくると考えられるのは

・シーバスがスレた
・ロッドが固い

という点かと思います。今日はブルーカレント85/TZでやっていたので若干固めではあります。

となると選択は・・・・

アジングする人には馴染み深い、「ソリッドティップ」という穂先がグイッと曲がるロッドがあります。一般的にはチューブラーのほうが操作がしやすいのですが、シーバスで言えばバチ抜けシーズンなどでよく使われるのがこのソリッドティップ。

シーバスはエサを吸い込んで捕食する事がこの時期は多く、バチのような遊泳力の弱いエサを食べている時は、ソリッドティップのロッドが違和感なく吸い込ませる事が出来るため、バチ抜けシーズンによく使われます。

ただよく使われる、というだけで他のシーズンで絶対使ってはいけないか、というとそうでもなく、ランカーサイズが来ると厳しい、ちょっとキャストにコツが必要、フッキングが甘くなる、という事くらいです。

なのでショートバイト対策にはこの「ソリッドティップ」のロッドが非常に効果的です。

という事で検討中がこちら

たぶんチニングにも使えるとは思うのですが、あまりメタルジグを投げるとかそういう事には向いていないので、安いロッドで探すと・・・やはりこれです。

・メジャークラフト クロステージ シーバスモデル CRX-862ST

実売1万円ちょい、という破格のソリッドティップのシーバスロッドです。

バチ抜けシーズン用に買っても損しない価格ですよね。

ただ・・・僕は行ってから釣り方を変える(メタルジグ投げるとかする)ので、ロッドを複数本持っていくことにいささか抵抗があり、まだ踏ん切りがつかないのです。

別に使わなかったとしてもそんなに痛い価格でもないのが魅力なのですけどね・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする