ライン交換の手間を最小に・・ルミカ「クイック糸巻き」とダイワの「PEラインチェンジャー」、と本命「高速リサイクラー2.0」

今日も今日とて釣具をチェック・・・していましたら、気になるグッズがありました。

太めのPEラインを使いたい時と、細いPEラインを使いたい時、替えスプールがあれば便利なのですが、如何せん

高い

セルテートの替えスプールなんてNEWエクセラーとかNEWナスキーが買えてしまうレベルなわけです。

僕はかの有名な高速リサイクラー2.0を使っているのですけど、これも割と高い(4000円くらい)

というところに、安価なツールがあったのでご紹介。

ルミカ クイック糸巻き

本日のルアーニュースRさんで紹介されていたんですが、ケミホタルで有名なルミカから発売された(てた)ツール「クイック糸巻き」です。

残念ながら「PEラインの巻き替え」ではなく「ラインを最初に巻く」ためのツールではあるのですが、とにかく「安い」。定価1200円です。

PEラインの場合はかなりテンション掛けないといけないので、図のように布で押さえる必要がありますが

※画像は公式から引用

ドラグが付いているのである程度テンションを掛けた状態で巻くことが出来そうです。

電池式で自動巻!ダイワの「PEラインチェンジャー」

こちらは単三電池を2本使用し、自動で巻き取れるようになっているダイワのPEラインチェンジャー。

http://www.daiwa.com/jp/fishing/item/terminal_tackle/others_te/pe_line-changer/index.html

こっちはラインを巻くのではなく「巻取り」です。
勝手に巻いてくれるのは非常に便利ですね。

そして本命「高速リサイクラー2.0」

ラインを巻く・巻取るに両方対応している、人気の高速リサイクラー。

ちょっとだけ高いですが、巻く時も巻き取る時も対応しているので、これ1つでテンション掛けながらラインを巻くことが出来ますし、交換のために巻き取る事もできます。

ライン交換以外にも僕はメンテナンスにも使っていて、PEラインのコーティングスプレーを使う時、少し巻き取ってからちゃんと浸透するようにしています。そういう使い方も出来ます。

なので個人的におすすめは「高速リサイクラー」なのです。

机に固定して使うので、ガタガタするような事もなく、テンションも掛けられますし、かなり万能です。

これがあると非常に便利なので、持ってない人にはおすすめですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする