スレたシーバス対策に・・・「morethan TAILSLAP(モアザン テイルスラップ) 75S」のインプレ

宮崎はどうせ雨だと思って、東京出張を夕方戻りにしてみたが・・・まさかの宮崎は晴れのようです。さっさと帰れば良かったぜ畜生。

という余談はさておき、暇なので釣具屋を巡ってとりあえずルアーを買ってきました。こういうことをするから無駄にルアーが増えるんですけどね。

というわけで買ったルアー

ダイワ morethan TAILSLAP 75S

を買ってきました。

今回買ったのは2017/2発売のゴールドレインボーです。

もはや3連ジョイントなだけで釣れる感満載(と勝手に思っている)ですが特徴としては

計算され尽くしたジョイント設計で、想像を超えた滑らかなジョイントスネークアクションと高いキャスタビリティを両立。このアクションはバチ・マイクロスリムベイトシーズンのみならず、あらゆるシーズンの激渋時・スレた時ほど威力を発揮する。2フック仕様でフックアップ性能も申し分なし。有効レンジは水面下約5cm~60cm。

とにかく「激渋時」「スレた時ほど」というのに惹かれましての購入です。

アクションは・・・予想はつきますが動画がありますね。

やはりジョイント採用のルアーは滑らかな動きでシーバスに違和感を与えない感が非常にあります。

宮崎に着き次第こいつを使ってシーバス釣ってみたいと思いますよ。雨降ってなければ・・。

投げてみた

というわけで早速テイルスラップを投げてみたわけですが、飛距離に関して言えば

あんまり飛ばん

という印象です。まあ、そういうルアーではないと言ってしまえばそれまでですが・・。

のでキャスタビリティーが良いかと言うとそんなでもありません。

ではどういう時に使うのかと言うと

このルアーの紹介通り、「居るのが分かってるのに反応しない」という時に使うルアーです。

広範囲が探れるわけではないので先発にはなり得ず、かと言って2番めに投げるのかと言うとそうでもなく、「目の前に居る」という時に何故か反応しない、そういう時に使うルアーです。

8番バッターくらいでしょうか。(9番はこれで無理なら帰るというルアーになるので)

実際の動きはジョイントが効果的に働いて「ユラユラ〜」っと艶かしく動きます。

シンキングなので少し沈める事も可能。

だがしかし飛ばない。

ので、僕は7番バッターに「Sasuke SF-75」を投げまして、それでも反応が無い時にこのテイルスラップを使う事で釣れた、という事が何回かあります

あまり同じようなルアーが無いのでスレ対策には効果的なルアーですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする