サゴシ専用(といってもメタルジグなんで他の魚にも有効でしょうけど)メタルジグ「サムライジグ サゴシチューン」

今月のSALTWATERで特集がありまして、ありそうで無かった、「サゴシ専用」メタルジグ、「サムライジグ サゴシチューン」が気になっています。

ダイワのページはこちら。

http://www.daiwa.com/jp/fishing/item/lure/salt_le/samuraijig_sagoshitune/index.html

何で気になっているかと申しますと

正直サゴシなんて「回ってきたら、ジグ投げりゃ釣れるんでしょ?」的な事を僕もずっと思ってたんですけど、やっぱり相手は生き物でして

居るのに釣れるときと釣れない時がある

のです。当たり前ですけど。

普段あまり魚影が濃くない場所でやってますので、1日に2本取れれば御の字だったりするんですけど、居るけど釣れない時も結構あるんですよね。

これまでちっとも考えなかったのが

サゴシだってスレるんです

という事なのです。
今回の高橋慶朗さんの記事でそんな事が書いてあって、「あー、なるほど」と思いました。今更ですけど。

いやまあアシストフック切られた事無いんで、アシストフックがワイヤーで結束されてる必要とか、サムライジグだったら釣れるの?というのは当然ながら疑問があるんですけども、というのと

僕サゴシをタダ巻きで釣ったこと無い

という、「サゴシはタダ巻きに反応が良い」というのは都市伝説じゃないのと思ってるくらいなので、いささか眉唾ではないかなという気もするんですけど、確かにサゴシを狙う時にレンジとかあんまり気にしたこと無かったので、まあ確かに普通の魚だったらスレるしレンジも意識しないといけないし、アクションも考慮しないといけないよね、という事を改めて思ったわけです。

たぶん、僕と同じでサゴシを投げりゃ釣れるんでしょ、と思ってる人は多いのでは。

ということで、機会があれば一度買ってやろうじゃないか、と思うわけですよ。サムライジグ。

丁度昨年6月初旬に防波堤からサワラサイズを上げてるので、来月頭にはまた回ってくるかな・・・と思っているので、それまでに準備しよう。

サムライジグ サゴシチューンの仕様

・20〜40g
・75〜90mm

というサイズのようです。
カラーは個人的に「サゴシ不夜城」が良いかなーと思いますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする