パックロッド新製品ラッシュ!Xesta「ブラックスター セカンドジェネレーション モバイル」、TailWalk「Outback」・・・。

最近はあまり使ってませんが、以前は「4本継ぎ」「5本継ぎ」といった超コンパクトになるパックロッドをよく使っていました。

使っていない理由はもうちょっと高い価格帯のロッドを買ってしまったからで、そんなに不満があったわけでもなく。

とにかくコンパクトになる、というのがこんなに便利なのか!と思うくらい携帯性が違います。

2016年

・US-824L

まずは昨年出た、ナチュラム×メジャークラフトのコラボロッド「アーバンソルト」

8フィート2インチのレングスを4本継ぎにすることで超コンパクト。(仕舞寸法67cm)
それでいて3〜18gのルアーに対応。小型ジグなら十分投げられますね。
AリングKガイド、とあるのでアルコナイトリングのようですが、アルコナイトでも別に問題無いと思います。

・FL-644UL

次にフォースロック FL-644UL。こちらはアンダー1gのジグヘッドを扱えるパックロッド。
気軽にアジングが出来るパックロッドで、6フィート4インチで仕舞寸法52cm。

・アングラーズリパブリック SFSGS-86MH/P5

次にアングラーズリパブリック。僕はこちらの「ショアガンエボルブ SFSGS-86MH/P5」の旧モデル、「ショアガン SFGS-86MH/P5」を所有しています。

5本継ぎで旧モデルが42gまでのジグが投げられたので、ライトショアジギングが出来るパックロッド、という汎用性の高いロッドでしたが、それがMax48gにパワーアップされたものです。

40g以上のジグが投げられるので、小型青物や大型シーバスでも全然戦えるロッドです。

2017年(発売予定)

Xesta

まずはXestaから。

・ブラックスター セカンドジェネレーション モバイル

まだWebサイトには載ってないようなので・・・。

2017年カタログをスマホでカメラ撮影しての引用ですが、S510、S69、S74の3モデルがリリース予定のようです。

こちらは全て5本継で、仕舞寸法が41〜53cmという、飛行機の機内持込制限以下になっています(といっても何らかケース入れたらギリギリのやつは駄目かもですが)

S74が僕はブラックスター セカンドジェネレーション S78に近そうで気になります。

TailWalk

次にTailWalk。こちらはバスロッドです。なのですが

http://www.tailwalk.jp/bass/outbackn/

さあ旅に出よう。並継ぎモバイルシリーズ。
いつでもどこでも。全国、そして世界を飛び回る・・・アクティブアングラー に。ベテランアングラーも納得の上質なブランクを採用し仕舞寸法51センチ以下に設計。キャリーバッグにも収納可能。多点マルチピースにありがちだった”強度”やチカラを分散するスムーズなアクションカーブ。
フレッシュウォーターからソルトウォーターまであらゆるシチュエーションをカバーする。
バス、トラウト、シーバス、エギ、怪魚など・・・あらゆる魚種に対応。
キャンプ、バイクツーリング、旅行、ゴルフ、帰省などバカンスに。
全アイテム富士工業社製のSIC Kガイド搭載。
あらゆるライン&ラインシステムにも対応する。

「ソルトウォーターまであらゆるシチュエーションをカバー」とありますので、ソルトでも使えそうですね。

こちらは8フィート6インチというロングレングスで、30gまでのルアーが扱えるヘビーロッドがあります。そしてまさかの6ピース!そのため仕舞寸法が47.5cmという驚異的な短さです。

シーバス狙いとかに良さそうですね。

オススメグッズ

パックロッドはどうしても継ぎ目が多くなるので、「フェルールワックス」がオススメです。

僕はこちらのスミスのロッドフェルールワックスを先日買って使っているのですが、継ぎ目が緩くならず、ズレたりすることも無くなりました。

保護にも良いそうなので、パックロッドを使う時はあったほうが良さそうですよ。

追記

メジャークラフトから三代目クロステージにもパックロッドが出ましたよ!

三代目クロステージ モバイルシリーズ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする