たいして拘りのない僕のオススメのスナップ(クイックスナップ、D-スナップ ライト)

僕はルアー交換を頻繁にするほうなので(経験としてルアーのカラーは重要だと思ってます)、スナップを使う派です。

スナップといっても大小、形状いろいろありますが、

・出来るだけ小さめ

・いろんなルアー(メタルジグ、メタルバイブ、ジグヘッドなど)が使える

・ルアー交換が容易

という視点で選んでいますが、小さめのスナップって耐久性大丈夫?という不安がある方も居るかと思います。

オフショアではスプリットリングを使うので、あくまでショアからのお話ですが、先日のサメ、サワラ、カンパチと、防波堤では大きめの魚を掛けていますが、一度もスナップが破断したことはありません。どっちかといえば先にフックが曲がりますので、スナップのせいで穫れなかった、というのは今のところ無い気がします。

根掛かりも大抵はリーダーとの結束部分で切れ、スナップが破断することはありません。

もちろん、何kgものヒラマサ、カンパチ狙いなら破断する事もあると思いますが、そこまで行くとオフショアと変わらない強度が必要なので、スナップの出番は無いですよね。

というわけでメタルジグを使う時のおすすめ

というわけでいつも使っているスナップがこちら。

Amazonで見る

楽天市場で見る

Yahooショッピングで見る

こいつのメリットは

・思ったより強い
・どこでも売ってる
・安い

です。

この形状のスナップだと、ジグ、ジグヘッド、メタルバイブとそれぞれ使えます。クロスロックタイプのほうが強度は強いと思いますが、たまに使えない場合があったりするので、共通して使えるというのが大きなメリットだったりします。

もちろん、大きさなどは使うルアーに合わせたスナップを使ったほうが、ルアー本来の動きが出せますので、大きさはそれぞれ揃えたほうが良いです。

どうしても隙間が出来る以上、うまく動かない時もありますし、合わない大きさのものだとそれが顕著になり、釣れません。

という時に「安い」っていうのが大きなメリットです。300円以下で、そのへんの釣具屋さんで大抵買えます。さすがOWNER。

というわけで3種類くらいの大きさのクイックスナップを揃えておき、その日使うルアーの大きさに応じて使う、というのが良いと思います。

まずは気に入ったスナップを探して、大きさを揃えて、使い分ける。

これで快適にルアーフィッシングが出来ますよ。

ちなみにシーバスの場合

シーバスの場合は「ルアーの動きを阻害しない」という意味でワイドな形状の物を主に使用しています。メインで使っているのがダイワの「D-スナップ ライト M」ですね。

若干お値段としては高めですが、破断した事も無く着脱がしやすいので専らこれ。

ちなみにこの記事はちょくちょく書き直しているんですが、スナップ使い分けてる時点で「たいして拘りがない」とも言い切れないような気がする今日このごろ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする