シーバス狙いに行ったけど案の定太刀魚狙いに(2019/5/11)

ここしばらく6連続バラしでシーバスが釣れていないのですけれども、5月半ばになってくると港湾エリアのシーバスが浮いてくる時期になります。(※宮崎のお話)

明暗部を見ていると明らかにシーバス、というシルエットが見えるので、その明暗部をエリテンやサスケで誘う・・というのが私の定番の釣り方なのです。

そろそろ5月も半ばということで、明暗部をチェックしに行ってきました。

予想通り明暗にシーバス

現地に着いて明暗部をチェックすると

やっぱり居た!

という感じで40〜60サイズくらいのシーバスが明暗部をユラユラ〜っと泳いでいるのが確認出来ます。

これ、4月くらいだと浮いてきたりしないんですよね。その時期はもう少し深い所から表層にガバっ!っと出てきてベイトを捕食します。その音で居るかどうかは分かるんですが、5月になってくるとこの音は減りますけど、レンジが浮いてきて存在が目視出来るようになる、という感じです。

詳しくはまた別途。

というわけでこのパターンで強いルアーと思っているのが3種。

・エリテン

・エリテンEVO

・サスケ SF-75

まずはこれらで明暗を通してみます。

全く反応なし・・・

ルアーをちょこちょこ変えて明暗を通してみるも、全然反応がありません・・・

そんな事をやってるうちに、明暗に居たはずのシーバスの影も見えなくなります。

たまに少し沖で「パシャッ」っという程度の小さなボイルが起きているので、それを狙ってみるかという事でブローウィン80Sを投入。

ブローウィンと言えばジャーキングでしょ、ということで、フルキャストしてジャーキング。

ジャーク、ジャーク、ジャーク、、、ゴン!

来たーー!あまり大きくないようですがHIT!

しかしすぐにバレる。

気を取り直してまた

ジャーク、ジャーク、、、、ゴン!

再びヒット!サイズも同じくらいのようですが、、、何かおかしい。

エラ洗いもしないのと、明らかに軽い。

とか思いつつやり取りを楽しんでいたら、、

フッ、、、

急にテンションが抜ける、、、ここで確信。

太刀魚にブローウィン取られた・・

どうやらヒットしていたのは太刀魚で、歯が当たりリーダーを切られた模様。

ブローウィン安くないのに・・。

しょうがないのでルアーチェンジ

どうやらジャーキングに太刀魚の反応が良いようなので、ルアーをベイソールミノーにチェンジ。

ゴリゴリ巻くと潜りますが、ジャーキング程度なら表層から20〜30cm程度までしか潜らないので、これで始めます。

予想通りの太刀魚をゲット。

まあ指3本くらい、というサイズ。

その後さらに2匹ほどキャッチ。

完全にシーバス狙いを捨てています(笑)

太刀魚が沢山居るとシーバス釣れないんですよね・・・。

ということで納竿としました。

とりあえず5月半ばくらいからシーバスは浮いてくるよ、というのは分かったので良しとします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする