スプールを沢山持つ、という行為に終止符。tictの画期的ボビンシステム「CBS SPOOL-D」。これは確かに画期的!

NO IMAGE

スプール・・・・高い・・・。
下手すると安いリールが買えてしまう・・・。

という問題がつきまとうのがリール。

安価なシマノのアルテグラ程度のリールであれば2000〜3000円程度なのですが、ダイワのカルディアとかになってくると8000円とか結構なお値段します。
セルテート用なんて1万円しますしね。安いリール買えちゃうんですけど、というお値段なわけです。

PEとフロロを変えたりしたくなるライトゲームや、普段細いラインでやってて重めのジグをフルキャストしたい、とかいう場面で少し太いほうが安心・・・ということがよくあります。
他には根掛かりしてリーダーを結び直す間に時合いが終了してしまう・・・とか、迅速にラインを交換したい時は非常に多いです。

そのために+でスプールを買ってさらにラインを買う、というのは中々財布に厳しい。

というところに画期的なシステム「CBS SPOOL-D」が12月末頃発売されるそうです。ライトゲーム用のようですけど。

解説動画がアップされていました。

開発に約3年!を費やしたシステム。見てみると「なぜこうなっていないのか・・・」と思われるようなシンプルな仕組みではありますが、これまで当たり前だったところを改良する、というのは中々気づくようで気づかない部分かなと思います。

まだちょっとお値段が分かりませんが、交換用ボビンは「安価」ということですので、まあ数千円以内には収まると思うのですけど、どうでしょうね。

スプールが重くなるのでは・・・、合うリールは何になるの?、とかいう懸念はまだまだあると思うのですけど、この仕組み自体は標準になってほしいくらいの出来ですよね。

発売は12月末頃ということなので、この年末非常に期待したいスプールです。普通の交換スプールとかもういいや、って感じです!

あとは、安いラインであればコスパの良い交換スプールが出来ますね。
僕はアジングとかはしません(というか近所ではアジングで釣れない)ので、いつもラピノヴァの0.6号を使っています。1500円以下くらいなのでコスパ最高です。
大物掛かってもこのPEがブチ切られたことは無いです。