16セルテート 2510RPE-Hが届いた!全てのリールが過去に・・・はちょっと言いすぎだけど良いリール。

16セルテート 2510RPE-Hが届きました。

kimg0127

さて今回買った「2510RPE-H」という番手ですが、13セルテートには無い、16セルテートからの番手です。

近い番手に

・2510PE-H
・3012
・3012H

がありますが、このどれとも少し違うのが2510RPE-Hです。
ちょっとざっくり比べてみると以下のようになります。

2510RPE-H 2510PE-H 3012 3012H
巻取り量 84cm 90cm 81cm 95cm
自重 255g 240g 270g 270g
ハンドルアーム 60cm 55cm 55cm 60cm

他にも違いはあるのですが、ちょっと並べてみました。

1回転あたりの巻取り量は3012より多く、2510PE-H、3012Hより少ないです。
自重は2510PE-Hより重く、3012より軽いです。
ハンドルアームは3012Hと同じ60cmです。

という感じなので、特徴として

・ハンドルアームが長い
・ハイギアではあるが、少し抑えめの84cm

というところが挙げられます。

今回こだわったのが、ハイギアであるが巻きが重すぎず、ブレが無いリールを、ということだったので、最後まで15ツインパワー2500HGS、C3000HGと、どれにするか悩みました・・・。
15ツインパワーは4000XGを持っていますが、XGなので巻始めが重いものの、とにかく回転しだすととにかくスムーズです。
そこそこ使ったので、今日時点でセルテートとそれぞれ巻いてみると、ツインパワーのほうがスムーズです。
(新品はグリスがべったりなので、これはしょうがないのですが)

見た目はセルテートのほうがだいぶカッコイイですけどね。

これはもう何を重視するか、という点でしかないので、まだセルテートで実釣はしてませんが、ツインパワーとはほぼ互角なリールではないかと思います。
セルテートのほうが高いですが、まあそれは見た目と完全金属ボディというところかな・・。

というところでハンドルアームの長さが長いほうが私は巻きやすく、それでいて84cmと控えめな巻取りなので、メタルバイブのような少し引き抵抗の大きいルアーに関してはより軽い巻き心地が期待できそうです。

それと剛性。
歪み、ということが一切排除されそうなガッチリ感があります。

もちろんその分重い、ということはありますが、やはり軽いリールに比べると巻き心地が段違いです。

軽いリールはイワシがアタッた、という本当に繊細なところまで分かりますので、それはそれで楽しいんですけど、リール本来の「巻く」という動作においては、しっかりしたリールの心地よさにはかないません。

というわけで、約4万円ほどしますので、なかなか買いづらい価格帯のリールではありますが、セルテートでもツインパワーでも、「剛性と巻きのバランス」の取れたリールは一度使ってみる価値はありますよ。

自分はシマノ派だ、という人はツインパワーC3000HGで損は無いです。先に出た分値引率も高いので、7000円程度は安く買えますよ。

しかしこの上にはステラとかあるわけですけど、ここまで来ると次のリールってもう大差ないんじゃない?っていう気がしてきますねぇ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする