メジャークラフトの三代目クロステージはアルコナイトリングのKガイドで確定の模様

突如発表されたメジャークラフトのロングヒットモデル「クロステージ」の三代目モデルは、巷で言われていたように「アルコナイト」リングにKガイド、ということみたいです。

Sicには劣るものの、アルコナイトもPEラインを使う時に使われるガイドリングで、耐久性は問題無さそうです。

ナチュラムで激安で売っている「TUREL(トゥレル)」はアルコナイトガイド、とありますがリングもたぶんアルコナイトでしょう。

Sicでも割れたりすることはあるみたいですが(僕は割れたこと無いですけど)、アルコナイトで割れた、という話も特に聞いたことはありません。
海外ではSicよりメジャーなもので、高級ロッドでも使われたりするそうです。
採用されているロッドが少ないから、というのもありますが、日本でもシマノのゾディアスとかで採用された実績があります。

なぜかメジャークラフト公式ではそのような記載はありませんが、

こちらの釣具屋さん

でそのような記載があったり、既に三代目を予約受け付けているショップの説明でも「アルコナイトリング」とあるので、まず間違いないでしょう。

ジギングとか、もの凄い力でガイドとラインが擦れるような釣りの場合はSicのほうが良いのでは、という気がしますが、アメリカでも当然大型魚とのファイトでガイドの重要性は変わらないはずなので、アルコナイトでも問題が無いことは証明されている気がします。

アルコナイトを採用することでロッドが安くなるなら、低価格帯のロッドにはもっと採用されるといいですね。

早くLSJモデルが発表されないだろうか・・・・。

まあ、LSJとかそういう釣りじゃなくメバルとかアジングであれば、とりあえず始めたい、という人はトゥレルで十分だと思いますけどね。

5000円切る価格であのロッドは他に無いです。初心者に確実にオススメします。

もう似たような用途のロッドを持っているので、何度もポチリかけましたが、やめました・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする