アシストフック代がバカにならないので自作してみた。

先日大物ロックフィッシュがいるポイントを見つけたのですが、当然ロックフィッシュというのは岩場とかの隠れる場所があるところにいるわけで、根掛かりとの戦いになるわけです。

大物がいるポイントは若干足場から遠く、ジグを遠投するのが一番楽な攻め方のようです。実際ジグにかなりアタックしてきました。

根掛かり対策としてはテールのフックを外してアシストフックだけにする、とかである程度回避は出来るのですが、アシストフックは2セットで400〜800円程度(対象魚によって異なる)とかで、ダイソーのジグベイトに付けるには何かもったいない・・・という気がしたので、自分で作成してみることにした。
ガチでジギングするとかの人は割と自作するようです。

ちなみにhttp://fishing510.com/archives/256.html のサイトを参考(というか製品とサイズ以外全く一緒)にさせていただきました。

というわけで買ってきたのがこれ。

DSC_0138

ガリス シーハンター 100Lb 450円くらい

よつあみ(YGK) ライン ガリス シーハンター5M 100LB(20号)
よつあみ(YGK)
売り上げランキング: 70,959

オーナー針 熱収縮チューブ 赤 3mm 230円くらい

OWNER(オーナー) 81031 熱収縮チューブ赤 3
OWNER(オーナー) (2014-02-28)

がまかつ チヌ針 10号 230円くらい

がまかつ(Gamakatsu) バラ チヌ(白) 2
がまかつ(Gamakatsu) (2013-07-16)

スプリットリング 余ってたもの
接着剤 100円ショップで購入
PEライン 持ってるやつでいいです。

合計:(スプリットリング除く)1000円ちょい

という値段です。
2〜3セット分出来れば元が取れます(素人作業でのスッポ抜けとかのトラブルの可能性はさておき)

実際には20セットくらいは作れるんじゃないかな(針は12本なので買い足しですが)という気がするので、金銭的にはかなりお得です。

というわけで作っていきます。

PEラインを10回くらい針に巻きます。当方はPEの1号を使用。

DSC_0141

この時点で接着剤を適当に塗りまして、次にガリス シーハンターをPEラインでグルグル巻き、結んでから適当なところで余分なPEラインをカットします。

DSC_0142

再び接着剤を塗ります。
その次に伸縮チューブを被せて

DSC_0143

ドライヤーで熱を当てますと、チューブが縮みます。

DSC_0144

あとはシーハンターを適当に切って、スプリットリングに結びます。

DSC_0146

はい完了。本当に5分程度で出来ます。

そして不器用な私でもそれっぽく出来ます(笑)

あとはこれで実釣するだけ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする