シマノ リール 釣り 釣具2020新モデル

「釣りフェスティバル2020」に行って20ツインパワーの詳細聞いてきた。剛性問題なし。

釣りフェスティバル2020に今年も

今年もやってきました。有給です。有給ってこういう時に使うものですよね。

 

 

という前置きはさておき、とりあえず「20ツインパワー」の剛性を気にしている人も多いと思うので、早速シマノの方に聞いてきました。

 

20ツインパワーのボディ素材

 

かなりの軽量化が施されたため、「半プラじゃちょっと」「剛性が足らないのでは」「ツインパワーはそうじゃないでしょ」的な声を聞いたのも事実かなと思うのですが、

 

 

シマノの方に直接聞きまして、結論申し上げますと「ボディはアルミ」だそうです。

「ギアの蓋部分はCI4+」とのこと。

なので20ツインパワーは基本的にアルミで構成されていると思って良さそうです。

 

アルミボディなので、魚とのファイト中にリールフットにねじれが生じたりする事に対しての耐久性はかなり高く、剛性は全く問題無さそうです。

実際に手に取ってみるとちゃんと金属感が伝わります。

 

 

20ツインパワーのローターの剛性について

 

ちゃんとシマノのブースにこういった剛性を確かめられるものが置かれてまして、実際に曲げてみようと力を入れてみると、15ツインパワーのローターは少し歪みますが、20ツインパワーの場合はかなり強くなっています。

「ステラと同じ」ものらしいので、こちらも剛性については問題無さそうですね。

 

20ツインパワーの巻き心地等

剛性についてはバッチリ、という感じが伝わります。

そして空回しの巻き心地ですが、かなり良いです。

ただやはりステラと比べると少し劣るかな、という印象はあります。

ただ数万円の差があるので、正直実釣性能や普段の使い勝手で気になるレベルか、というと全くそういう事は無く、ステラを持っている人はサブリールや番手違いとして、ステラが欲しいけど、、と思っている人はツインパワーで何の問題も無いレベル、と思います。

なので15ツインパワーでもこの位置だったと思いますが、そのあたりはさすがツインパワー、という感じですね。

 

ついでに「ツインパワーXD」はどうなるのか聞いてみた

正直存在意義が薄れた「ツインパワーXD」ですが、どうなるのか聞いてみたところ

 

しばらく併売

 

だそうです。

ただ定価もXDのほうが高く、新しい技術は20ツインパワーのほうに取り入れられているので、今回20ツインパワーはアルミボディであることが分かったので、あまり存在意義が無くなってしまったかな、、という印象です。

正直20ツインパワーのほうがおススメだとシマノの方も言ってました。そりゃそうですね。

 

created by Rinker
¥40,480 (2020/02/27 21:01:32時点 楽天市場調べ-詳細)

 

created by Rinker
¥38,720 (2020/02/27 07:01:44時点 楽天市場調べ-詳細)

 

という事で釣りフェスティバル2020速報その1でした。

 

RSSで最新記事を読む

follow us in feedly

-シマノ, リール, 釣り, 釣具2020新モデル

Copyright© webinthelife , 2020 All Rights Reserved.