ハクパターンの切り札その2。「ローリングベイト55」定番ルアーのミニサイズ。インプレ。

ハクパターンの切り札その2。「ローリングベイト55」定番ルアーのミニサイズ。インプレ。

 

前回が「バクリースピン6」という小粒のブレード付きルアーだったわけですが、今回は「ド定番ルアーのミニサイズ」であります「ローリングベイト55」について。

 

 

というわけで私も2個所持しております。

 

恒例の親子比較画像がコチラ。

右側がローリングベイト77、左が55です。

こう見ると丁度親子くらいの差がありますね。

77サイズが定番なので所持している人も多いのでは、と思います。

 

ローリングベイト55のスペック

実はさらなるミニサイズ「48」というのもあるんですが、そっちは持ってないので55のスペックをおさらいです。

 

Length: 55mm

Weight: 8g

Fook: #12

Ring: #2  

 

というスペック。48だと4.5gしかありませんが、こちらは8gの重量がありまして、普通のMLクラスのシーバスロッドであれば十分に投げられるサイズです。

 

投げてみた

とにかくシルエットが小さいので、77サイズよりちょっと落ちるものの、十分な飛距離が出ます。77が15gある事を考えると、優秀な飛距離が出ますね。

それでいて小粒サイズなので、そもそもシーバスだけではなく、メッキやカマスといった小型回遊魚を狙うにも適したルアーになってます。

 

そしてローリングベイトと言えば、「特徴的な形状による唯一無二の動き」が出せるルアーでもあります。バイブレーションと言うべきか否か難しい所ではありますが、引いてくると微波動を起こすバイブレーション、というような感覚で使えるルアーです。

というこの微波動ですが、当然ながら受け継がれてはいますが、シルエットが小さい事により水流を受けづらいので、77サイズに比べると繊細なロッドを使わないと振動が伝わりづらい、という感じはありますが、ちゃんとローリングアクションします。

 

で、今回のタイトル「切り札」と書いたのは、当然ながら先発もこなせるルアーではあるんですけれども、個人的には「他のルアーで反応しない時に使うルアー」という位置付けになっています。

 

ハクパターンの場合の先発は「ガルバ73」のようにより飛距離が出るけれど小型のルアーを使い、次に「スライ95F」「マニック95」といった表層特化型のルアーを通す。

それでも駄目なら、、、「ローリングベイトの出番」という感じで使っています。

 

ただですね、、実はローリングベイトを使うと

 

やたら太刀魚のほうが釣れたりする

 

という問題がございまして、一応タックルボックスには入れてますが出番は少ない、というルアーになっちゃってますね。

 

シーバスのみならずライトゲームに使う、という事でも威力を発揮するルアーです。
 

シーバスカテゴリの最新記事