遠投用リール SHIMANO(シマノ) 14 AR-C エアロ BB 5000HGを飛距離目当てで購入、使ってみた

先日サーフでのヒラメ用ロッドをシマノのAR-C TYPE XX 1008Mにしたので、同シリーズのリールを買ってみた。
尚シマノのリールを買うのはこれが初めてであります。

・実際の遠投性能
AR-Cスプールというラインを出しやすい形状、スプールの大きさが通常のリールより大きめ、ということで遠投性能を出しているようです。
実際に投げてみるとなかなか良く飛びます。
夏場はキス釣りにも使えそうな感じです。

・重さ
上位モデルのAR-C エアロ CI4+ 5000XGと比べると、重さが70g違います。(BBの方は330gあります)
リールの70gは結構な違いですが、上位モデルとの違いがギアの剛性と重さで価格が1万ちょっと違うので、安い方にしてみました。
元々ずっと使ってる11カルディアが同じくらいの重さなので、個人的にはあまり気にならない感じです。

・巻きごこち
ハンドルが回しにくい気はしますが、巻いた感じは良いです。
これまで11カルディアを使ってましたが、元々ひっかかりが気になって人気の無かった?機種なので比較するのもどうかと思いますが、
引っかかったりするような感じではないです。ハンドル1回転で104cmのハイギアモデルですが、個人的にはあまり巻いた重さは気になりません。

・見た目
まあ定価2万円のリールなので、ちょっとチープな感じは否めませんね。
デザインの問題な気もしますけど。

というところで価格もお手頃なので壊れてもショックは薄い、そこそこ遠投効く、巻いた感じも個人的には悪くないので、当面はこのリールで十分な気がしています。

ちなみに今朝これで釣りに行ってきましたが、案の定全くヒラメは釣れませんでした・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする