サーフの穴を埋めるシンキングペンシル、DUOの「ビーチウォーカーウェッジ」

宮崎と言えばサーフ。なのにシーバスとかチニングばっかりしてるのが僕です。

これ理由としてはですね、実際にサーフゲームは宮崎県央エリアでは非常に人気があるんですけど、

早起きで勝てない

という事なのです(笑)

たぶん東京湾奥とかでのシーバスゲームのように、シーズンが来るとメッチャ人が居るわけです。シーズン中は暗いうちからアングラーが居るので早起きで勝てないわけですよ。

数がどうしても少ないので、あんまりヒラメに興味が無いというのもありますが・・・。

余談はさておきDUOのフリッパーZとの違い

堀田光哉さんが年末にオオニベを釣ったのが宮崎の県央サーフだったわけですが、その時は「フリッパーZ」が好調だったらしく、そのせいで宮崎の釣具屋さんからは一時期フリッパーZが無くなったそうです。

このフリッパーZは素材が亜鉛になった上に、フリッパーよりサイズを大きくした事で、よりゆっくりとヒラメにアピール出来るようになったルアーです。

公式の説明文は以下。

従来のフリッパー40gよりサイズアップし、程よいサイズ感になって新登場。
求めたのは、従来のジグでは達成できなかったプラグ並みのアピール力の確保と、よりスローなリトリーブ速度。
ボディ素材に亜鉛を使用することで、表面積の拡大とそれに伴うアクションの増大を実現しました。
また比重の低さ(軽さ)ゆえに沈み込まず、より遅いスローリトリーブにも対応。
シンキングペンシルと遜色ない性能を実現しました。自重は重すぎず、軽すぎない36g。しっかり振り切って遠投できる自重です。

出典:DUO

「シンキングペンシルと遜色ない性能を実現しました」とありますが、といってもやはり沈む速度は段違いに早いわけで、よりゆっくりと引いてくるというシーンにはやはりシンキングペンシルのようなルアーが必要なわけですね。

というところに「ビーチウォーカーウェッジ」

出典:DUO

これまではジグやワームでは食ってこない場合に「ファルクラム」「アクシオン」といったヘビーシンキングミノーで狙うのが通例でしたが、ヘビーシンキングなので底を擦ってしまう事で、巻き速度もある程度の速さが必要でした。

その点シンキングペンシルであれば、もう少し速度を落とすことが出来、またボディサイズを大きくすることで、波間でもルアーを見つけやすくなっているそうです。

公式の説明文は以下。

“釣れるはず”のヒラメを”釣りきる”ために、堀田光哉がいまどうしてもほしいアイテムがある。シンキングペンシルだ。それはファルクラムやフリッパーとは異なる特性を持つ「存在感」。

より大きく、ボリューミーで、かつ、ゆったりとしたスイングアクション。ヒラメが自身の存在を隠している白泡の中でも、ひときわ目立ち「喰ってください」といわんばかりの存在感を放つ。それに加え、ミノーで攻められないシャローや根回りの攻略に優れた浮力。食い気を誘う、水平フォール。

矢のように飛び、グイグイ伸びる飛行能力もほしい。これまでのBWシリーズになかった要素がふんだんに盛り込まれている。案の定アプローチを変えることで、喰ってくるヒラメも変わってくる。スリムロングのシンキングペンシル。その名は『ウェッジ』。ますますヒラメが釣りやすくなる。

「存在感」「ゆっくりとしたスイングアクション」という要素の必要性から生まれた、といったところでしょうか。

発売時期・スペック

2018/6初旬発売です。

スペックは以下。

  • Length120mm
  • Weight38g
  • Type重心固定・シンキング
  • Hookベリー#5・リア#4
  • Price¥1,900

38gのウェイトと細身のシルエット、やや後方に重心が置かれているように見えるので、なかなかぶっ飛びそうですよ。

サーフゲームに幅を持たせたい、という人にはこの38gぶっ飛びウェイトが効くかもですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする