拾ったルアーはどうしたら良い?占有離脱物横領罪になる?とても参考になる動画!

釣りをしていると「根掛かり多発ポイント」が段々分かってくるわけですが(当然その間に自分も多々引っ掛けているわけですけど)誰しも

「ここに大量のルアーがあるので潜って拾えば大量にゲット出来るのでは?」

と思ったことがあると思います。

それを売れば小遣い稼ぎに・・・というのも誰しも一度は思う所。

拾ったものを売っても良い?

拾って査定、警察、市役所にまで問い合わせをしてくれている動画がありました。

BASSHACK バスハックさんの動画です。参考になるので是非ご確認を。

バス釣り(琵琶湖)なのでソルトとはちょっと違うかもですが・・・。

ざっくり言えば

・拾うのは問題ない。査定するのも可

・但し拾って売ってしまう(自分の所有物とする)のは基本ダメ。「占有離脱物横領罪」に問われる「可能性がある」

・水の中に沈んでいるものは漂流物扱いになり、警察の管轄ではなく市になる(陸で拾ったら警察)

という感じのようです。

細かいことを言えば、引っ掛かってきて回収したルアーはどうなる?陸?水中扱い?などなど、まだまだ細かい疑問点はありますが、拾って売るのは止めたほうが良さそうです。

何となく知らない人が大半だと思いますので、こういう参考になる動画があるのは非常に助かりますね!

というわけで、出来るだけ回収出来るツールの紹介

ルアーを回収するツールは幾つかありますので、知っているものをご紹介。

・ダイワ ルアーキャッチャー

チェーンの部分でフックを絡めて引っ張るタイプ。ロープが15Mなので15M以上離れているとダメですので、遠距離の場合はロープを交換するなどの対策は必要そうです。

ルアーキャッチャーはこちらの動画が参考になりますよ。

・レスキューロボ

こちらは紐ば別売りのようですが、根掛かりしたラインに紐と一緒に通し、レスキューロボに付いている爪をスナップなどの引っ掛けて取る方式。こちらも遠距離だと難しそうです。

動画でも「割と高角度」の付いたところでやってますね。角度が無いとレスキューロボが到達しにくいなどで難しくなるようです。

回収機を使ってでも、なるべく回収しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする