2017年は「バチコン」を始めたく存じます(※釣り用語です)

バチコンが流行るのでは、と思っている2017年でございますが、僕もちょっと始めたいと思っております。

ちなみに「バチコン」とは「バーチカルコンタクト」の略です。ただバーチカルコンタクトと言ってもよく分かりませんので、もうちょっと説明を加えますと、ボートなどオフショアで深い所に居る大型のアジやらロックフィッシュなどを、陸っぱりで使うような小型ジグヘッドとシンカーを使って釣る、という釣り方、という解釈を僕はしています。

陸っぱりのアジングでは0.x〜3g程度のジグヘッドとワームを使うわけですけど、水深が数十メートルあるオフショアでは、この重さではまず沈みません。

アジは回遊魚ですが、割と底付近に居たりしますので、40cm以上のメガアジサイズを釣ろうと思うと、どうしても底に沈める必要があります。

という時に使うのがシンカー(オモリ)になるわけです。水深が浅いところでは10g程度で良いみたいですが、発祥の三重県では40M程度の水深のところでやるみたいなので、40gとかのシンカーが必要になります。

アブガルシアは先んじてバチコン用ロッドを出していますね。

Amazonでチェック

楽天市場でチェック

Yahooショッピングでチェック

アブのロッド開発者のトモ清水さんが東京湾でバチコンアジングをやっている動画がこちら。

単純にオフショアでアジを数釣りたい、ということであればサビキ釣りすればいいんですけど、「ルアーで釣る楽しさ」というのがやはりエサ釣りには無いゲーム性といいますか、楽しさがあります。

オフショアでのサビキ釣りもそこそこやったことはありますが、爆釣の時はやっぱり「作業」みたいな感じになっちゃうのですよね・・。「掛けた!」という感じがありません。

落としたら掛かる、というのではちょっと・・・、という感じですね。

バチコン用タックルについて

ジグヘッドはアジング用の0.6gとかのものを流用。リールも陸っぱりで使う2500番程度のものにPE0.6号〜0.8号程度のものを使用すればOKなようです。

ただ、殆どは陸っぱりと共用出来るのですが、、、唯一「ロッド」は悩みどころだったりします。

シマノが遂に「バチコン」用ロッドを出すみたいですが

ソアレ CI4+ ディープ アジング[Soare CI4+ Deep Ajing]

専用ロッドを買うのもちょっと・・・という人(僕ですけど)も居るかと思いますので、調べてみた所、「イカメタル用ロッドで代用可能」という情報が多々ありました。

必要なのはオフショアで繊細なティップを持つロッドのようです。

イカメタルやったこと無いので、結局必要になるんですね!というところでしばらくタイラバロッドでやってやろうと思っています(笑)

というわけでイカメタルロッドでお手頃なものというと・・・メジャークラフトの出番ですね。

・メジャークラフト スカイロード 鉛スッテ SKR-B702NS/ST

こちらはベイトモデルです。Amazonだと割と安いですね。

Amazonでチェック

楽天市場でチェック

Yahooショッピングでチェック

・メジャークラフト ソルパラ SPS-S702NS/ST

こちらはスピニングモデルですが、さすがメジャクラ。さすがソルパラ。

Amazonで現時点では5000円台です(笑)

Amazonでチェック

楽天市場でチェック

Yahooショッピングでチェック

・メジャークラフト フルソリ ティップラン FS-S56ML/TE

Amazonでチェック

楽天市場でチェック

Yahooショッピングでチェック

キャストしたりする釣りではないので、ベイトモデルが良さそうな気もしますが、ソルパラの安さは魅力ですね。

というわけでオフショアに行く機会があれば、ちょっと始めてみようと思っています!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする