ありそうで無かった?背負って釣った魚を運べるREALMETHOD「フィッシュキャリークールバックパック」

ありそうで無かった?背負って釣った魚を運べるREALMETHOD「フィッシュキャリークールバックパック」

 

近場で釣りする時は、小物は普通にリリースするので面倒なため、クーラーボックスを持っていくことはほとんど無いんですけれども、サゴシとかが回ってきたりして釣れたりすると、痛む前にさっさと帰るか・・・となるわけです。

サゴシなんて釣り上げると大抵血だらけになってるので、リリースしても死んじゃいそうですしね。なのでビニール袋だけ持参です。

 

ただ、「まだ釣れそうだなぁ」という時は多々ありまして、魚を持ち帰るというのはなかなか課題なわけです。

 

で、ふと見つけたのが「REALMETHOD フィッシュキャリークールバックパック」

 

 

http://www.takamiya.co.jp/ebase/product4996774175210.html

公式から紹介文を引用すると

完全防水仕様の断熱材入りショアジギング用クーラーバックパック!!魚を入れて持ち帰るのはもちろん、磯や沖堤防での素早い移動にも役立ちます!

○【仕様】
●開口部を巻いてバックルを留めることで防水性が向上。
●重い荷物を背負っても肩にかかる負担を軽減するウエストベルト付。
●チェストストラップが歩行時の荷物の揺れを軽減し、更にショルダーハーネスが肩からずれ落ちるのを防止。
●肩の上やウエストベルトの後ろのストラップを締めると、フィット感が向上し、移動時のブレと荷物の重量感を軽減。
●背面部分に立体メッシュ生地を採用。装着感が良く蒸れにくい設計。
●キャリーハンドル付。
●内側にメッシュポケットを採用。
●インバッグは取り出して丸洗いが可能。

 

「ショアジギング用」とあるように、サイズがなかなか大きめです。

 

サイズ: 約70×35×16cm(収納部)

 

なので70cmくらいのものは入る&保冷剤用メッシュポケット付き、防水・漏れを防ぐ構造、背負えるというリュック型のため、沖堤防とか磯でショアジギングする人はクーラーを持つのが大変だったりするので、これはなかなか人によっては欲しいと思ってたアイテムではないかなと思うのです。
クーラーを持つ手がフリーになるのはデカい。

 

 

Yahooショッピングで見る

Amazonで見る

楽天市場で見る

 

あ、僕はそんな大型青物が釣れるところに行くことはほとんどありませんので、よくよく考えると使う時が無いですね・・・。

 

磯歩きする人にはオススメな一品かと思います。