釣り用サングラスを再び新調。zeal optics vanq gaga(ジールオプティクス ヴァンク ガガ)を購入したのでインプレ。

以前、オフショアで強風の時に10年使ってたサングラスが吹っ飛び、海の藻屑となったのでラパラの安いサングラスを買ったんです。

値段も安く、特別不満があったわけではないんですけども、やはりサングラスは釣りには必須のアイテムなので、ちょっと良い物を買ってみようかなと思って調べてみたところ、、、

zeal opticsの「Vanq gaga」が目に止まった。それがこちら。

出典:zeque

この「Vanq gaga(ヴァンク ガガ)」ですが、釣り動画を見る人なら、プロが掛けているのを見たことがある人も多いのではないでしょうか。

重見さん、鈴木さん、菊元さん・・・・釣り界の超有名人達がzealのサングラスを掛けてますよね。

と、いうわけでポチってやりまして。

選んだのはレンズが「トゥルービュースポーツ」のF-1064

こちらのフレームがブラック×ゴールドのモデルです。

これから夏を迎えて日差しがより強くなるので、F-1071もいいなと思いましたが、まずはそこまで暗くないレンズをチョイス。

レンズの違いが公式サイトでは少し分かりづらいのですが、ナチュラムの特集で詳しく書いています。

http://www.naturum.co.jp/special/zeal/lens.asp?ref=zealsp

最近オフショアが多いので、TVF(トゥルービューフォーカス)のほうが・・・という気もしましたが、まあ、また今度追加で買えばいいか、ということで今回はTVS(トゥルービュースポーツ)のほうにしてみました。

掛けてみた感想

掛けてみた感想としては、とにかく軽い。めちゃ軽い。

僕は普段裸眼なのであまりメガネの重さというのは分かりませんが、確実に軽いと言えるほうだと思います。

蛍光灯を見てみても適度に眩しさは抑えられていて、かといって暗すぎるほどでもないバランス。軽さと相まって掛けていることをちょっと忘れてしまうレベル、というのはまんざら嘘でも無い気がします。

そして最も気に入っているのはTALEXレンズの「コントラスト性」です。

簡単に言えば「物がくっきり見えるようになる」という事なんですが、これがとにかく秀逸で、普段から掛けたくなる、といっても過言ではありません。

裸眼でこのコントラスト性が欲しい!と思うレベルです。買って損は絶対にないです。

TALEXレンズというのはこれほどの性能なのか・・!

と思うレベルです。

知人と釣りに行った時、僕には魚が見えているのですが、裸眼の知人は全く見えておらず、Vanq gagaを掛けさせたら驚くレベルだった、という事がありました。

水面の光の反射をほどほどに抑えて「くっきりと見える」という性能が発揮された瞬間でした。

ちなみに「太陽を直視する」とか「ものすごく晴天で太陽が反射している」という場合や、オフショアの場合は「トゥルービュースポーツ」レンズより「トゥルービューフォーカス」レンズのほうがおすすめです。

普段使いだとトゥルービュースポーツのほうが良いですね。

水中がはっきり見えるので、エギングなんかでも確実に釣果に繋がると思います。

「ロッドやリールの値段を抑えてでも買ったほうが良いレベル」

と思いますよ。

サイズ感

僕ははっきり言えば「顔がでかい方」だと思うのですけど、この「Vanq gaga」は小顔の人より顔が大きい人のほうが似合うと思います。

サングラス選びで結構この点が重要だと思うのですけど、ご安心ください(笑)

ダメな点

レンズには100点と言っても過言ではありませんが、フレームに関しては微妙な点もあります。それは軽量であるが故に隙間が多く、目にゴミなどが入りやすい、という点です。

と、言ってもバイクに乗ったりしなければそんなことは起きませんので、大抵の人には関係ない話(バイクの時は違うサングラス掛ければよいので)ではありますが・・。

サングラスは釣り以外でも使うことは多いと思うので、釣り以外の用途でもおすすめです。

一度使い出すと、もう他のレンズには戻れない、と思います。オススメ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする