20タトゥーラSV TW用 105スプールが到着したのでファーストインプレ。浅溝になった違いはあるかというと。

ダイワ

最近発売されました、20タトゥーラSV TW用 105スプールが到着しました

20タトゥーラSV TW用の105スプールが到着です。浅溝ですね。

素材は写真の通り超々ジュラルミンです。

カラーはパープルとレッドがあるのですが、私のタトゥーラはSHモデルなので、レッドを選択。

タトゥーラの蜘蛛マークが入っており、タトゥーラ専用のスプールという事が分かります。32mmのSVスプールになっていて、たぶん他機種とは互換性ないと思われます。17タトゥーラともスプール経が違うので合いません。20専用です。

 

装着した感じはこれですね。

 

ということで、とりあえず早速ラインを巻いて投げに行ってみました。

 

ちなみに私シーバス用途でございますので、フィネス的な使い方とかそういう用途で繊細な違いのレビューなどは全く出来ませんので悪しからず・・・。ちなみにPE1号を巻いてます。

 

そんな大差ないんやろ?と思っていたんですけど

とりあえずPE1号を80Mほど巻いてみました。

もともとPEはライン自体が軽いので、どうせ大差ないんやろ、と思ってたんですけども、まずサイドキャスト1投目で想定より手前にルアーがボチャ!っと落ちてしまいました。これリリースのタイミングがちょっと変わったかな、という事で起きた感じです。

そして何回かキャストしていると、、通常はブレーキ6だとそんなに重症のバックラッシュは起きないんですが、若干めんどくさい感じのバックラッシュ発生。

ラインが若干ながらいつもより減っているので、スプールの回り出しが良くなった結果、逆に普段のブレーキ設定だとちょっとトラブルが起きやすくなった印象です。ブレーキを6→7くらいにするといつもと近い印象。

なのでいつもよりブレーキを+1くらいにすると普段と近しい感じで使えるような印象です。

 

という若干ピーキーな感じになってしまったような気がするんですが、慣れればそれほど気にせず通常のブレーキ6でも特に問題はありません。7にすると安定する気がします。

 

もう一つ変わった印象の箇所

私岸際30cmを狙って、壁に隠れているシーバスを狙うことが多いんですが、ノーマルのスプールより「若干ながら低弾道でルアーを送り込みやすい」というような所が変わった感じがします。

若干ですよ。若干。あくまで個人的印象です。

低弾道でルアーを送り込む事で、ルアーの着水音を抑えたり、狭い場所にルアーを送り込むのに役立ちますね。

 

というわけで買ったほうが良いのかどうかというと

まあ、実は小型軽量ルアーを投げてみるという事をすっかり忘れておりましたが、普段若干ながら使いづらいジグヘッド+ワームという組み合わせも少し投げやすくなったような印象がありますので、軽いルアーを扱う事が多い、という方は若干使いやすさは向上すると思います。

でもそうじゃない場合は、まあノーマルのスプールでも十分じゃないかな・・という気はします。

ラインを巻ける量が減る、ということは、高切れ等で一発終了になる可能性もあるわけで、軽いルアーをメインで投げる場合以外はノーマルのスプールも持参しておくほうが無難かと思います。

ちなみに私レイズスタジオのベイトフィネススプールも持っているんですが、あれよりは余程ノーマルのスプールに近く、使い勝手も良いです。レイズスタジオのスプールはかなり軽量化されるのですが、なかなか扱いが難しいですね。

もろもろ書いたものの、PEだとそこまで極端な違いは感じませんでしたが、バス用でフロロを巻いたりするともう少し差がでるのかもしれません。

 

 

私の用途で言うと、軽量ルアーを投げる事の多い3〜4月はこのスプールの出番が増えそうです。

 

タイトルとURLをコピーしました