「ベイトPE」はコシの強いラインが最適なのか?全くコシの無いPEラインを使い続けた結果

ベイトリールでPEラインを使う時、いろいろ調べていると

コシの強いPEラインを使うと良い

というお話を見かけます。

PEじゃないけど「スーパーファイアーライン」なんて評価が高いですね。

ただですね、私結局「全然コシの無いPEライン」をずっと使っているわけですよ。

以前も紹介した激安のこちらのPEラインです。

Ashconfish PEライン

これの1号くらいをずっと使っています。しかも安い4本編の1000M。

1000Mも買ったから無くなってないだけ

という問題はさておき、正直ですね

別に全く問題ない

のです。別に「良いラインだ」というつもりは全くありませんが、単に安くて問題が無いだけです。それって良いラインだってことですよね、というのはさておき、スピニングだったら使わないです。

では結局何が問題なのかというと

私の見解では

投げ方・・・ 50%

リール性能 ・・・ 20%

サミング技術 ・・・ 20%

ラインの種類 ・・・ 10%

このくらいの配分な気がします。

その1 投げ方

正直バックラッシュの原因は「投げ方」が5割くらいじゃないかと思うわけです。

いわゆる「ビュッ!」と音を出す「スピニング投げ」は駄目で、最初はものすごく苦労したんですが、途中で気づいた事がありまして

ちゃんとルアーの重みをロッドに乗せてからキャストする

この練習をした後はバックラッシュは激減しました。

ちなみに練習時はPEだと解くのがめんどくさいので、「カーボナイロン」ラインを使うと良いです。だって安いし(500Mで500円ちょい)

そしてバックラッシュしてしまったら・・まずは私の場合、一旦気にせず巻きます。

そして・・・

「フローティングミノーに変える」

これが超重要です。シンキングだと放っておくと根がかりするので、フローティングミノーに変更するという癖は超絶大切です。

で、下流側にアングラー居ないよね、というのを確認してから軽くキャストしてバックラ箇所を解く、というのが良いですね。

その2 リール性能

私がベイトはダイワ派だ、というのはさておき、ダイワ派な理由は

明らかにトラブルが少ない

と言い切れるからです。TWS+SV機はマジで最高ですね。

この組み合わせのリールを使うことをまずはオススメします。

できれば「ジリオン SV TW」くらいにすると長く使えます。

TWSによりラインの放出抵抗が激減してバックラッシュを防ぐ上に、SVスプールによりバックラッシュをさらに防ぐ、という二段構えの性能になっているので、まあとにかくトラブルレスですね。

その3 サミング技術

これは練習するしか無いんですけど、よくYoutube動画であるように

ノーサミングでイケる!

というのは幻想です。ブレーキを強めればいけますけど、飛距離が全然出なくなるので実用性には乏しいです。

なので先程のカーボナイロンラインのような激安品でまずは練習、というのが重要です。

慣れてくればどの辺がギリギリなのか、というのは分かってくるので、それまで練習あるのみ。

その4 ラインの種類

コシが強い、ハリのあるラインはどっちかというと「バックラッシュが解きやすい」という所なら私も理解します。

ただ「投げる」という事に関してはそんなに大差ない気がします。

コレ以外の9割がホントに大事。

で、結果

最初のほうは予備スプールとか持ってたんですが、今は全く持っていきません。

大バックラッシュで終了

という事も無くはないのですが、数ヶ月に1回あるかないか、それも「障害物に引っ掛けてからキャストしてしまった」「サミングがものすごく遅れた」とかそういう理由が大半です。

ダイワのSV機なら軽症で済むので、まあほとんど大バックラッシュは起きないですね。

なので、まずはラインの種類というよりは

「投げ方の練習」

これが5割以上だと思いますので、まずは練習あるのみですよ。

おまけ:8本編のPEを使わない理由

4本編のほうが良いと思っています。

これは理由がいくつかありまして・・・

・安価な8本編のラインはPE自体が解けやすく、バックラッシュ後強度が落ちやすい

・単純に高い

・ぶっちゃけベイトなら大差ない(スピニングは結構差があります)

という理由です。糸鳴りがしない、とか、ラインがガイドを通るスムーズさは8本編のほうが格段に上なのですが、ここが許容出来るなら全然安価な4本編で問題ありません

というわけで、まずは練習あるのみ。

良いベイトPEライフを送ってください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする