しばらくチニングしてみた結果のオススメのワームとカラー2018年6月版

シーバス釣れないなぁ、、という時にたまにジグヘッド+ワームに付け替えてチニングをしています。僕はモアザンAGS93MLのような、割とティップの繊細なロッドを好むので、専用ロッドほどではありませんが十分にチニングが成立します。

尚、僕がよく行く河川エリアでの反応なので、地域差などはご了承ください。

というわけでしばらく試したワームが以下

元々いくつか持っていたのですが、今回以下のワームをそれぞれ試してみました。

基本的にはクロー系ばかりです。

・メジャークラフト ファイティングクロー 1.6インチ(ケイムラレッド、ケイムラピンク) 

・エコギア バグアンツ チヌ職人 2インチ(イソガニ)

・ジャッカル チャンクロー 2.8インチ クロダイVer.(ギラギラスイカ、レッドゴールドフレーク)

・ジャッカル ベビードラゴン 2インチ クロダイVer.(シャッキリコーン)

・エコギア パワークラブ 茶ガニ

僕の中では匂い付きの「パワークラブ」が本命だったんですが、実際のアタリの数はかなり異なる結果が出ました。

ちなみに釣り方は全てナイトゲームのズル引きです。

結果

では3位から発表します。

・3位 メジャークラフト ファイティングクロー ケイムラレッド

ピンク系って魚がよく釣れるのでピンクも良いのでは?と思っていたのですが、ピンクは全然反応が無く、この「ケイムラレッド」が一番反応が良かったです。

・2位 ジャッカル チャンクロー 2.8インチ クロダイVer. ギラギラスイカ

本当は「レッドゴールドフレーク」を買いに行ったが売ってなかったので代わりに買った「ギラギラスイカ」が2位。

・1位 ジャッカル チャンクロー 2.8インチ クロダイVer. レッドゴールドフレーク

1位、2位がチャンクローという結果。カラーは「レッドゴールドフレーク」

しかもここまでの結果でお気づきかと思いますが、「赤系」が非常に反応が良いです。

次点でナチュラル系(青系)でした。

カニっぽいから茶系でも釣れそうな気がしてたんですけど、結果は全然反応が無く、あってもフグに齧られる程度。

バグアンツも前評判が高いワームだったんですが、チャンクローが一番反応が良かったです。

ちょっと近所でチャンクローがあまり売っておらず、売っていてもレッドゴールドフレークが売ってない状況なのが辛い。ワームをネットで買うのも送料がかかるので微妙。

ちなみにジグヘッドは

チヌ用は高価(1個あたり300円以上)だったりするんで、僕は全て「虫ヘッド パワー」を使っています。

フッキング率が良いのかという点はさておき、「根掛かり回避能力が高い」というのが使っている理由です。

ズルズルズル・・・とボトムを擦りながら虫ヘッドを引いてくるわけですが、少しティップが入るような重さを感じた時にロッドを少し煽ってあげるだけで、かなり根掛かりが回避できますのでオススメです。

魚の場合はコツコツコツ、っと連続でつっつくような反応なので、違いはすぐ分かります。

そこそこ流れのある河川なので8gあたりをメインで使っていますが、軽いほうがフッキングは良くなるんで、流れの緩い場所がメインの場合は、6gでも良いかもですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする