【釣果微妙】真夏の宮崎日南釣行(2017/7/29)

さてこのクソ暑い中ではありますが、先日宮崎は日南方面に釣行してきました。

当日は本当はオフショア予定だったのですが、、、波が高いという予報により中止になりまして、しょうがないので陸っぱりメインでの釣行です。

残念ながら卒業となる同僚O君、某大学の先生であるTさんと3名での釣行です。

まずは油津港へ

到着がAM10:30ごろ、という釣り人にあるまじき遅い時間に到着。

既にクソ暑い気温・日差し。

ここで先行して朝方からサビキ釣りをしていた釣り部部長I君と合流したものの、、

全くダメ

との事。小さめのオオモンハタが先程釣れた、というところで、それ以外は一切サビキに反応が無い、という中々厳しい状況の模様でした。

と、言っても着いてしまったものはしょうがないので早速僕はメタルバイブを投げる事に。

なんとなく手に取ったのが、タカミヤのFALKENシリーズのメタルバイブ。

600円くらいなので格安のメタルバイブ。
昼間の釣行なのが分かってたので持ってきたのです。

表層早巻き、中層早巻き、と試した後、ボトム狙いのリフト&フォールで、、

ビクビクっ

何か掛かった!
だがそんなに引かない・・・、エソだろうか、、、と思ったら

20cmオーバーの良型のアジ!

クソ暑いからか全然引かなかったんですけど、そこそこサイズのアジが3投目で釣れました。

しかし、真夏の昼間という事でこの後はジグを投げようがメタルバイブを投げようが一切の反応無し。

しょうがないので大きく移動、しかも離島に行くことに。

無人島、大島に到着

目井津港から10分程度で船に乗って着くのが、無人島の大島。

日南市がやっている船なので、800円で往復してくれます。安い。

先行者が6名ほど居ますが・・・着いたのが14:30というとても釣りではダメな時間です(笑)

堤防の先端まで歩いて写真を1枚。

内湾側を撮ったので平和そうですが・・・外海側はなかなかの強風でルアーが飛ばない(笑)

外海にジグを投げても反応が無いので内湾側を見ているとダツが群れで数匹。

そういやダツって釣ったことないなぁ、、、と思い、狙ってみることに。

ルアーは先程のタカミヤのメタルバイブ。

2、3投して表層を引いてくるが釣れないので、ここは思い切って

限界レベルの超早巻き

を試してみたら、、、

ゴツゴツッ!

来たーーーー!嬉しくないけどね!

30〜40cmの小型サイズのダツ。オキザヨリかな?

まあ初めて釣ったので良しとしよう・・・リリース。

ということでポチャッと足元に落としたら、、、

確実にキロオーバーのアオリイカがそこに。

マジかよ・・・と思ったもののエギは一切持っておらずただ見送るだけ。

その後はアタリが無いのでO君、Tさんと合流したところ、彼らはルアーではなくサビキに徹していたところ

・ヒダリマキ(タカノハダイ)

・アジ×6

・ベラ

・キス

という渋い中でもちょこちょこと釣れており、20cmほどのマゴチも釣ったがリリースした、とのこと。

マゴチ・・・夏といえばマゴチだな・・・と思って僕も狙ってみることに。

ルアーはどうやらメタルバイブが調子が良さそうなので、ジグパラ ブレード 7gを投入。

僕はジグパラブレードは7gが超オススメです。
鉄板カラーのグローピンクを投入。

まずは定番の「船の通り道」をリフト&フォールで探っていくが・・・特に反応なし。

次に防波堤の際にキャストして、これまたリフト&フォール。

2投目でググっとアタリが来る。マゴチか!?と思ったら

イトフエフキかな?という20cmくらいの魚がヒット。

よく分からんのでリリース、としたところで17:00になり、船が迎えに来るので終了。

このお迎えを逃すと、帰れなくなります(笑)

というわけで釣果は微妙でしたが、同僚O君が退職となる最後の釣行で、本人は楽しんでいたので良しとしましょう、という釣行でした。

今回のタックル

ジグ投げる事が分かってたのでいつもと同じです。

・NSS-902SSJ

同僚O君に少し使わせた所、「絶対買います」との事(笑)
僕のメインロッドです。

・16セルテート 2510RPE-H

防波堤で釣れる魚にはもはや無敵の剛性を誇る16セルテート。ちょっとした青物にもビクともしませんぜ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする