ARC’TERYX(アークテリクス)のアルファ SLジャケット購入の儀とゴアテックス信者の戯言

今年はもの凄い暖冬だな・・と思ってたら寒波が来やがったんですけど、薄手のゴアテックスのジャケットが欲しかったので、ARC’TERYXのアルファSLジャケットを衝動買いしてやりましたよ。

ちなみに並行輸入とかすると安く買える・・という話もございますが、全くそんなことはせず、Amazonでセール対象になってましたので割と安く買えました。

そもそも高いのと、ポケットが1つしか無いというシンプル仕様なので、当面釣りには使いませんけどね!

Amazonでチェック

楽天市場でチェック

Yahooショッピングでチェック

SLジャケットは非常に薄いので、防寒着としてはたいして役に立ちませんが、ミドラーを着ていれば防風性はありますので、そこそこ寒い日でも大丈夫です。
今日はさすがに宮崎でも寒いのですけど、中にセーター着て上にこちらを着て、2.5kmくらい離れたかめや釣具にリーダー買いに行ったんですけど、全然余裕でした。

ゴアテックスのススメ

ゴアテックスのウェアは高いです。

それでいて届いた時には「ペラペラじゃん!」とコスパ面で一瞬後悔するのですが、着てみると納得の出来だったりします。

まず防風性。こちらは普通のナイロンジャケットでも防風性はありますので、わざわざゴアテックスじゃなくても・・となるのですが、まずナイロンジャケットと同等の防風性はあります。

次に透湿性。これが非常に優れていて、少し暑くなるような運動をしても外に湿気を逃してくれるので、中がベタつきません。今のところゴアテックス以上に防風性・透湿性のバランスが良い素材を僕は知らないです。

さらに防水性。ペラペラなゴアテックスのウェアは「レインウェア」のカテゴリにも入るほど防水性に優れています。コンビニで売っているビニールのカッパは水は染み込みませんが、透湿性がありませんので中が汗でベタつきますが、ゴアテックスのウェアはそんなことはありません。

まあ安いウェアでも2万円くらいはしますので、そのくらいの性能は欲しいところですが・・。

そして携帯性。薄手の物であれば小さく折りたためますので、カバンに入れておいて必要な時に着る、という使い方も全然大丈夫です。
薄手の携帯性重視のものは、小さなポーチのようなものが付属していたりするので、それに入れて持ち運びも出来ます。
かなり軽量なので持っていても気になりません。

オススメウェア

3着ほどゴアテックスのウェアを持っていますが、1着は釣り用なので普段は着ません。

しかもウェーディング用買っちゃったので丈が短い。

というわけで普段着として使えるものとするとやはりコスパが良いのはモンベル。

・レインダンサージャケット

僕はストームクルーザージャケットを持っていますが、レインダンサージャケットのほうがちょっとだけ安いです。

Amazonでチェック

楽天市場でチェック

Yahooショッピングでチェック

・ストームクルーザージャケット

何でARC’TERYXのジャケットを買ったかというと、単に「ブラック」のやつが欲しかったからで、こっちはオフショア用に使っています。
GORE C-ニットバッカーテクノロジーが採用されており、ARC’TERYXのアルファSLジャケットより「柔らかく、シャカシャカ音が控え目」だったりします。

Amazonでチェック

楽天市場でチェック

Yahooショッピングでチェック

登場からかなり経っていても、中々「ゴアテックス以上」の素材は出てきてないみたいですね。

相対的に高いですけど、セールなどで旧モデルが安くなっている時には一度検討してみても損は無いウェアです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする