ジギング・タイラバ釣行(2016/01/16)

先週に引き続き、今週も釣り部4名でジギング・タイラバ釣行に行ってきました。

AM6:30に宮崎港を出港。
今日は天気も良く、波の予報も1メートル、のはずだったのですが・・・・。

30分ほどでポイントに着くと・・・。

波高い!

船も揺れまくりです・・・。

各々が釣座にスタンバイしますが、、これはジギングは厳しい・・・

タイラバにチェンジ

ということで鯛ラバにしてみます。
実は鯛ラバでこれまで何度もアタリは経験していますが、鯛ラバで魚を釣ったことがありません(笑)

しかし、前回の釣行時、船長が鯛ラバで短時間で鯛を2匹ほど釣っていたわけですが、その時のカラーを覚えていて、マネしてみようと揃えていたわけです。

鉛玉はオレンジ、ネクタイ・スカートは緑の組み合わせ。

マルシン漁具 GSKスライド 交換用鯛鉛 120g

と、

の組み合わせで挑みます。

ポイントについて間もなく、釣り部O君がジグでオオモンハタをGET。
35cmの普通サイズではありますが、ちょっと厳しそうな状況だったので船内に希望が湧きます。

そして間もなく、鯛ラバで何も釣ったことがない我が釣り部に待望のヒットが私に。
40cm超のオオモンハタが鯛ラバにヒット!

oomonhata2

遂に鯛ラバで釣れないジンクスを破ることに成功。

立て続けに同サイズのオオモンハタを釣り上げ、今日は鯛ラバだなー、という雰囲気に。
部長I君もランカーサイズのオオモンハタを鯛ラバで釣り上げます。

しかし鯛ラバと言えば、「鯛」
鯛を釣らなくては話になりません。

しかしそこから次のポイントに移動後、その時はやってきます。

何かが鯛ラバにヒット、底に底にゴツゴツと叩くようなアタリ。
カンパチも似たようなアタリではありますが、底に潜ろうとする間隔が明らかに狭い。
これは噂の「鯛の叩くようなアタリ」では・・・と思っていたら、まさにそのとおり。

48cmの真鯛をゲット!

tai

遂に真鯛と呼べるサイズの鯛をゲットします。

その後連続で30cmほどのヘダイ、ちっさいホウボウをゲットします。

しかし今回はうねりも強く、I君がオオモンハタ、アカハタを、O君がイラを追加したところで釣果が止まってしまいました。
僕もフグか何かにこれまでヒットし続けた鯛ラバを取られ、別のカラーにしてみるものの何らヒットせず。

最終的な釣果はこんな感じでちょっと渋めです。

20160116_n

・マダイ × 1
・オオモンハタ × 4
・イラ × 1
・ヘダイ × 1
・ホウボウ × 1
・アカハタ × 1

という釣果でした。

今回は波も高く、途中でO君が船酔いで脱落と、厳しい状況でしたが、次回はジギングで何か釣りたいなー、と思っています。

今回のタックル

・ロッド テイルウォーク ソルティシェイプ C63/120
・リール テイルウォーク エラン ワイドパワープラス

テイルウォーク(tailwalk) リール ELAN WIDE POWER PLUS 71R
テイルウォーク(tailwalk)
売り上げランキング: 32,651

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする