3月も引き続き好調なチニングと傾向(2021/3/1、3/2)【2021年3月釣行】

チニング

3月に入りましたけど、引き続き好調です

後から何が釣れてたかを振り返れるように釣行記を比較的書くようにしているのですが、すっかり忘れて1週間経ってたので改めて釣行記をお届けします。

まずは3/1のナイトゲーム。

 

チニング1投目からヒット!な3/1のナイトゲーム

現地についてみるとシーバスがバチャバチャとボイルしている状態。ハクパターンがもう完全に始まっています。

という事で少し狙ってみますが、マニック95で1バラし。

とかいう浮気スタートを早々に諦めまして、シンカー、ワームをセットしてチニングを開始。

 

フルキャストして1投目、、ボトムに着いたかなと思ったら、ググッと重みがロッドに乗り、着底即バイト。

幸先の良いスタート、と思ったら

45cmくらいのマゴチでした。チニングはボトムを攻めるのでフラットフィッシュもよく釣れますね。

 

そして場所を少し移動しつつ、ボトムバンプで攻めていると、足元の際でヒット!

良いサイズかなと思ったので測ってみたけど36〜7ということで思ったほどのサイズでは無かった・・。

この後2回ほどバラしてしまい、しばらくするとアタリが無くなって、雨も降っているので納竿です。

今回の使用ワームはいつものクレイジーフラッパーです。

 

3/2 ナイトゲーム

私のチニングは基本的にはボトムバンプを多用して探っていくという感じなのですが、そもそもこの釣りが大淀川において、どの季節で有効なのか、いつまで有効なのか、などはまだ検証中なわけです。

で、前日は一応キャッチ出来たものの、段々とナイトゲームのボトムバンプに対して反応が悪くなっているような気がしており、この日は全くといっていいほど反応がありません。また流れがかなり早いためか、なかなか操作も難しい状況。

シンカーの重さを変えながら探っていきますが、とにかく反応がない。

 

少しアプローチを変えないと厳しそうなので、逆にシンカーを5gという軽めのものに変更し、ドリフトでワームを流してみると、、、

 

コツコツっ

 

乗らないまでも、全くの無反応状態に変化が訪れます。どうやらこの日はドリフトで流していくような方法に反応が良さそうです。

 

という事でフルキャストしてほぼリールは巻かず、たまに糸ふけを取る程度で流していくと、、

 

コツコツ!

 

小さなアタリが感じられたのでフッキングしてみると、かなり重量感のある魚がヒット!

ドラグがジーーーー!と鳴り、初速がかなり強い引きでしたが簡単に寄ってきます。

 

このパターンは、黒鯛の引きです。

 

で、無事キャッチしてみると、明らかに重い。丸々と太った魚体の47cm。明らかに体高がゴツいですね。

なんとか1枚良型をキャッチしたものの、この後は2バラしで終了。

 

どうやら傾向としてナイトゲームでは下手なアクションを加えず、ナチュラルに流していくという方法がこの時期は良さそうです。

ちなみに、じゃあズル引きで良いのかなと思いきやズル引きには反応なし・・・。

 

シーバスをやっていたおかげで、ドリフトで流していくような釣りも理解はしてたので生きましたね。

 

今回のタックル

・ロッド ゼスタ ブラックスターS78

この時期、かなり繊細なアタリなので、出来れば高感度なライトなタックルでやるのが良いです。ブラックスターであれば、かすかな違和感も十分に感じ取れるのでこの時期オススメですね。

 

・リール シマノ ヴァンフォード C3000XG

XGの巻取り量でとにかくがっちり掛けてしまう、という事を意図して買ったヴァンフォード。うまいことハマっていて釣果の向上に寄与してくれてます。180g程度の軽量さもいいですね。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました