ハンターカブCT125にいくつかカスタムパーツを取り付けましたのでご紹介(ヘルメットホルダー、サドルバッグ)

バイク

週末はハンターカブCT125でツーリングや釣りに行っているわけですが

前は近場にしか行かなかったので、原付で大淀川や宮崎港・・という事がほとんどだったんですけど、ハンターカブになってからは、ツーリングを兼ねてそこそこ遠征するようになりました。

前はZoomerに乗っておりまして、ちょっとだけカスタムするとシートの下に物が入れられたので、それで概ね事足りていたんですが、ハンターカブという奴には全くもって収納がありません。(ただ大物釣れたらzoomerのシート下に突っ込んで走ってたので、若干不審者ではある)

これ実は若干カスタム後なのですが、見ていただけると基本的に収納が無いのは一目瞭然。

という事でいくつかカスタムしたのでご紹介です。

 

その1 ヘルメットホルダー

ハンターカブCT125には、、、ヘルメットホルダーが、、、「あるんですけど超めんどくさくて誰も使わない」という大問題があります。

購入前に知っていたので実は一度も使った事がありません。

うろ覚えの記憶で書くと・・・

 

1.シートを開ける

2.車体に付いている工具スペースを開ける

3.ホルダーを取り出してセット

 

という工程が必要(だったはず)なんです。面倒くさすぎる。誰ですかこれに決めた人。

という事で買ったのがこちら。

取り付けは自分でやりましたが、10〜20分程度で十分可能な範囲です。

こちらの動画が分かりやすいかなと思います。

 

 

サドルバッグ+サドルバッグサポート

次に全く無い収納をどうするか、ということでデイトナのサドルバッグとサドルバッグサポートを購入。

ちょっとだけ安いのでセットになっている製品を購入。

 

まずはサドルバッグサポートを取り付けます。黒い枠部分がそうですね。

これが無いとタイヤにカバンが巻き込まれてしまうので非常に重要。

取り付けた結果がコチラです。

サドルバッグにパックロッドをブチ込んで釣りに行っております。

取り付け方は以下の動画が参考になるかなと思います。

しかしまだ「釣り用カスタム」には課題が残る・・・

先の通りパックロッドを使えば概ね釣りは出来る所まで来たのですが、1つまだ解決できていない問題があります。

それは・・・「タモの持ち運び」なのです。

zoomerの時は足元がフラットだったので、ハンドルにカラビナを固定してそこに網を引っ掛けるという事で運んでたんですが、ハンターカブはリアキャリアはフラットなものの、足元がフラットじゃないので同じ方法が使えません。

なのでリアキャリアにゴムバンドなどで固定すれば全然イケるんですが、もっと楽に運べる方法がないかなぁ、と考え中。

何か良い方法がありましたら教えていただけると助かります!

 

 

タイトルとURLをコピーしました