釣りのハイシーズン真っ盛りなので、ナチュラムのロッド特価品を特集してみる(2018/11/12)

秋・・・年に2回、春と秋という釣りのハイシーズンであります。

宮崎は南国ですので、12月がむしろシーバスのハイシーズンではないかとすら思うのですが、一般的な地域では11月がハイシーズンではないかなと思うわけです。たぶん。

という余談はさておき、このハイシーズンに釣りに行かなくてどうする、ということで、丁度ナチュラムでセールをやっているようなのでご紹介。

ロッド

メジャークラフトの「ソルパラ」がモデルチェンジしたので、旧モデルが50%OFFになっております。

・ソルパラ エギング SPS-832EL

イカは今釣らなくていつ釣るのだ、というハイシーズン。

エギングロッドは適度な反発力があり、マイクロジグを投げるのにも適しているので、持っていて損の無いロッドです。50%OFFなので今がチャンスですね。

・ソルパラ ワインド SPS-832MHW

エギングに対抗する人気の釣りと言えば、太刀魚ですよね。

キビナゴを使ったウキ釣り・・もよく釣れますが、やはりルアーマンならワインド。

ワインドは太刀魚だけでなくフラットフィッシュもよく釣れますが、わざわざ専用ロッド買うのもなぁ、と思っている人はこういう時に買ってみると良いと思います。

これも50%OFF。

・ソルパラ シーバス SPS-902ML

僕はバカなのでシーバスロッドを6〜7本くらい持っているんですが、「使い勝手が良い」レングスというのが9ft〜9.4ftくらいだと思っています。

長いレングスのほうが飛ぶ、というのはちゃんとフルキャスト出来る人であって、初心者であれば9ftくらいがオススメです。

まあ、正直シーバスは遠くにぶん投げたら釣れるのかというとそうでもなく、ピンポイントにキャストする、という要素も結構重要なので、その場合は多少短いレングスのほうが有利だったりします。

ただ、自分が行くのが「大河川」や「オープンエリア」である場合は96MLのほうが便利かもしれませんね。

・ソルパラ SPS-962ML

さらに、、ショートバイト対策としてバチ抜け用によく曲がるロッドが必要、という場合は「L」クラスのロッドを選択する事になるわけですが、これもバチ抜け用にわざわざ高価なロッドを買うのも・・という人も多いかと思います。

という方には「L」クラスのロッドもありますね。

・ソルパラ SPS-902L

という、モデルチェンジという事でかなり安くなっています。

たぶん年末年始のセール時にも出るんでしょうけど、ハイシーズンのうちに買っておいて釣行出来たほうが良いと思いますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする