STAIND 「The Illusion Of Progress」

今更6年も前のアルバムを買った。
STAINDは昔から好きで、この前のアルバム「Chapter V」は発売と同時に買っているくらい好きなアルバムだったりするわけですが、この「The Illusion Of Progress」も当時発売は知ってて、どこかで視聴したもののピンと来なかったのでスルーしていました。

が、何気に聞く機会があったので聞いてみたら、何の事はない、傑作じゃないですか。

ということで即AmazonのMP3で購入。
(自分はiTunesよりあればMP3のAmazonで買ってる。便利だから)

今となっては下火気味ないわゆるモダン・ヘヴィネスのムーブメント時に出てきたバンドで、リンプのフレッドに見出されたバンドであったりします。
が、ヘヴィなロックの中では異彩を放つ、重いサウンドとは裏腹に「歌モノ」だったりします。なので非常に聴きやすい曲が多い。
けど日本では全然人気がない。そもそも洋楽自体が最近人気が無いのと、過去に日本でヒットしたモノに比べるとそこまで分かりやすくもない。

という感じですがこのアルバムはフツーの人が聞いてもそこそこ良いと思ってもらえるようなアルバムになっているんじゃないかなぁ。

1.This Is It(MJとは関係ありません)
2.The Way I am
3.Believe

あたりが特に良い。これは当面ずっと聴くことになりそうな1枚。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする