TechCrunch Tokyoに行ってきたので感想まとめ

技術者での参加者が多いのか少ないのかよくわからないが有名なイベント「TechCrunch Tokyo」に行ってきた。せっかく東京にいるしね。

ちなみに何が賞取ったかはこちらでまとめていただいています。
まとめ

とりあえず午前はYahoo、Mixi、Uber、TechCrunchのUSの人の話だったので割愛。

夕方からのスタートアップバトル、MashUp Award8が面白かった。

特に面白かったと思うもの。

スマクル
いわゆるスマホ変換に分類されるものではありますが、「簡単に作れる」ところが重視され、「電話番号を入れるだけ」でスマホからスマホサイトが作れるという極端な変換ツールです。
極端故にデザイン等は選ぶだけということになるので、完全に小規模店舗向けと割り切ったサービスです。
既に100店舗ほど引き合いがあるそうです。凄いですね。

どうやらPCサイトから引っ張って作る?ようなのですが仕組みはよくわかりません。
実は裏が人力だったりするとshuttoでも出来たりするわけですが、料金が安いのでもっと単純そうです。
たしかに店舗誘導だけだったらこのくらいのサービスが手軽でいいですね。

meetrip

旅行の際により詳しい現地の人と繋がって報酬を払って案内してもらうサービス。
見方によっては出会い系みたいにも見えますが、確かに現地のことは現地の人がよく知っているわけで、
ガイドだと高くなるし、素人に頼んだほうが安くて詳しかったりする場合もあり、元々旅行をした場合は現地の人との交流が楽しい、という感覚を元に作られたそうです。既に1000名ほどが使ってるそうです。

寝顔認識目覚ましFace Kick

笑いという意味でメチャクチャ面白いですw
寝顔を認識し(まぶたが閉じてるとか)、30秒経過で寝顔を勝手にFacebookに投稿し、1分経過で勝手に電話がかかってきて、2分経過でタライが落ちてくるという仕様だそうですw タライは準備がいりますが・・。

ちなみにboundio使った作品は勝手に親に電話かけるとかそういうイロモノ用途しか使われてるのを見たことがない。

コトバノモリ

私のようなアート感覚0のおっさんには一生かかっても思いつかないであろう作品だと思った。
よってうまく説明が出来ないので見たほうが早いです。

melocy

個人的には凄く良アプリだと思った。
楽器をそれぞれ録音して重ねるようなことがMTRなどを使わなくともiPhoneだけで出来る。
しかもJASRACから許可をもらってるのでiPhoneに入ってる曲も使えるらしい。

さらにネットワークを経由して他人が元々ドラムだけのものにギターを重ねる事ができる。
それが「音楽でつながる」ということみたい。

10年以上前だがバンドやってた時にこういうアプリがあったらもっと楽しかったのになぁ、と思えるアプリ。

とりあえず世間のレベルが高すぎておっさんにはついていけませんので、
人間性重視でやっていこうと思いますw

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする