悩んだ末に選んだオフショア用リール。それは結局アレ。

先日、オフショア用のリールを幾つか悩んでいる、と書いた。

値段順に並べるとこうだ。

・スフェロスSW 6000HG/PG 1万ちょい
・ヴァデル4000H 1万数千円
・バイオマスター5000XG/PG 2万くらい
・ツインパワーSW 6000HG/PG 4万5千円くらい

それぞれ、ひっかかった理由はこうである。

シマノ スフェロスSW

500g超えで重い。
安いのでギアが心配。でももはや壊れても許せるレベルの安さ。オフショアでこの価格はヤバい。破格。

10kgオーバーとか、極端な大物がそんなに来ないポイントであれば、スフェロスでも全然問題無い気がします。

ダイワ ヴァデル

自重415gと許せるレベルだが、ギアが心配。
マグシールド搭載で、防水は結構良い。僕は結構マグシールド好きな人です。あと結構ダイワ好きです。
オフショアだとかなり潮を被るので、マグシールドがあるリールのほうが良いかなと思います。

シマノ バイオマスターSW

全てにおいてバランスが取れている気がするが、4000番までは315gと今回の選択肢の中ではダントツに軽量。
ただ、そもそもシマノ5000番くらいのリールは15ツインパワーがあるので不要。
SWなのでそこそこギアが強いはずだが、防水性は現行のものに比べると弱いかも。
しかし、ストラディックがバイオマスターの後継機なのかな、と思っていましたが、ストラディックSWって発表されませんね。

全然現役でいけますよ。バイオマスターSW。

そして・・・バイオマスターは6000番が新たに発表されています。
ボディはスフェロスみたいな感じですけどね。防水性能は格段にアップしているようです。

シマノ ツインパワーSW

425g(6000HG)と軽くは無いが、他の点において完璧。ただ値段がスフェロスの4倍くらいする。
ノーマルの15ツインパワーを持っているが、やはり良く出来ている。

で、結局ですが、ツインパワーSW買ったんですよ。
やはり3号以上のPEが200M以上巻けるリールを持ってないので、(厳密に言えばレブロス4000とかブッコミ用と化してるものがありますが)
買うことは必須なのですよ。大物釣るには。

ここ数日、格安のスフェロスをカートに入れては消し、入れては消し、をやってたんですけどね、重いのが嫌なのと、1ヶ月以上前に磯でズッコけた肩が全然治らないんですよね。病院行けって話ですが、毎週出張で行けないんですよね。

というわけで、これでいくとバイオマスターSWが315gと圧倒的な軽さなんですが、結局のところですよ、年間釣行回数が50~100回にもなろう男が、安いリールで一旦妥協とかね。
さらに独身貴族ですよ。今買わなくていつ買うんだと。

ここは当然ツインパワーSWやろ、ってことでツインパワーSWをポチってやりました。
4.5万。

最後までスフェロス4回壊れてもツインパワーSWより安い、という点で悩んだんですけどね、やっぱリールは性能大切なんですよね。

スプールって高い

これ、釣りしない人には意味不明だと思うのですけど、リールの糸巻く部分、スプールなんですけど、リールをわざわざ分けなくてもスプール変えたらいいじゃん、っていう話でもあるんですけども、ツインパワーのスプールって1万くらいするんですよ。ほぼスフェロス買えるじゃないかと。
糸巻く部分に1万ってオイ、って感じですよ。
さらに単純に糸巻く機械に4万以上とか値段が4倍以上違うとか何が違うねん、って話ですよ。

以前鹿児島でカンパチ初めて釣った後に、11カルディアのギアがゴリゴリになったんですよね。治ったけど。
ということは結局、超強いギアのリールが要るだろ、ってのと糸巻き量、評判でやはりここはツインパワーSWですよ。
さすがにソルティガとかステラは8万以上するので無理だと。

もう買わない。リールは買わない。絶対に。壊れない限り。
いや、ヒラマサとかGT釣りたいとかもう松方弘樹目指すとかにならなければ。

ちなみに、ガチでGTとかヒラマサは6000番リールでは無理だと思います。宮崎で南のほうに行けばGT釣れるらしいですが、ヒラマサはどこで釣れるか知らないです。
お陰様で宮崎は砂の巨神オオニベというサーフからメーターオーバーの魚が釣れる環境ではあるので、オオニベでも釣ってやろうと思います。
昨年10回以上行って全く釣れませんでしたけどね。ヒラメすら1匹しか釣れませんでしたが。

とか言いつつ、、、勇気が出なかったので酒飲んでポチってやりました。

<追記>

これを書いたのは2015年なのですが、2016年にいろいろ追加されましたので追記しておきます。

ダイワ BG

ダイワの新しいショア/オフショアの高剛性リール。
4000番以上はオフショア用のようです。ちなみに、まさかの「マグシールド」は搭載されていません。珍しいですね。
その分値段が非常に安いです。Amazonで14000円を切るお値段!

個人的にはオフショアでハイギアのリールを使ってきたのですが、しんどいので4000番が良いんじゃないかなと思います。
大物の来るポイントでは、一つ大きな番手にしたほうが良いかも。
200gの重量差があるので、超大物が来ないポイントであれば、より軽い方が楽ですよ。

<さらに追記>

ストラディックSWって出ないですねと昔書きましたが、2018年になってまさかの発売となりましたので追記。

シマノ ストラディックSW

5000番で310gという事で、バイオマスターSWは今度こそ廃盤か?と思うスペックです。

6000番が無いのが残念ですが、今後出るかもしれませんね。

ツインパワーXDから、コアプロテクトではなく「Xプロテクト」になっていますが、悪い話は聞かないので、今から買うならXプロテクト搭載のリールが良さそうですね。

実売25000円以下とコスパも悪くない。

超大物が来るエリアじゃなければ、5000XGとか良さそうですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする