WN891の値段が上がり気味なので、T90CHI-64GSでも良いのでは無いかと。

ASUS TransBook T90CHI-32G がWN891の対抗馬、と以前紹介しましたが、WN891の利点は値段とタッチパッド付きキーボードがBluetoothではない、という点、USB2.0が付いている点なのですが、ASUS TransBookのほうがバッテリー、CPU性能、質感、カメラ性能共に上な感じなのです。
Officeを考えるとASUS TransBook T90CHI-64GS が良い感じです。

ちなみにWN891のタッチパッドは使いやすくはありません。

WN891が値上がり感があるのと手に入りにくい、というところを考えると、Bluetoothマウスをどっかで安く買ってくれば、全然こっちでもいいんじゃない?という気がしています。39800円は破格。さらにWN891の値段が上がったことを考えれば、64GモデルのT90CHI-64GSにすればOfficeもあるので差額分はスペックの違いと考えることも出来ます。

とにかくこの手のWinタブは、さすがにMacのようにマウスなしで問題ないようなタッチパッドが無いわけですが、その分何分の1かの値段で手に入るわけです。
Macをその辺で雑に扱って壊れたらショックですが、3万ちょいのモデルであればまだ精神的ダメージも少ないのでガンガン使えると思います。

ちょっとまだ改良の余地として、膝の上に置いた時にタブレット側の角度が使いにくいことがありますが、それでもこの値段なのと、ストレージが64G欲しければ、ASUS TransBook T90CHI-64GSにすることで、Office付きでストレージ64Gのマシンが39800円です。

とにかく軽いので持ち歩いて、さらっとテキスト打ちするにはこの2つも結構おすすめな端末です。安さなら32Gが安いです。

ASUS TransBook T90CHI-32G 【OUTLET】

ASUS TransBook T90CHI-64GS【OUTLET】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする